グーグルアースに全長5000kmの超巨大な“白い線”が出現! レーザーで落雷を制御する気象操作ビームの痕跡か!?

関連キーワード:

,

,

,

 

グーグルアースに全長5000kmの超巨大な白い線が出現! レーザーで落雷を制御する気象操作ビームの痕跡か!?の画像1
画像は「Daily Star」より

 全長約5000kmの細長い謎のオブジェクトがグーグルアースで確認された。

 グーグルアース(Google Earth)とは、Googleが開発、提供している衛星写真を使ったバーチャル地球儀システムだが、英紙「Daily Star」(11月10日付)によると、今月9日YouTubeチャンネル「MrMBB333」が、そのグーグルアース上に細長い雲のような見慣れない物体が写っていることを発見、YouTubeに公開したという。

「これが毎日起こっていることなのか、いつもそこにあるものかは分かりませんが、かなり異常です」(MrMBB333)

 2018年にも類似した物体が米・テネシー州に出現したことがある。UFOではないかという意見も出たが、これは「ロール雲」という珍しい気象現象であることが明らかになった。

グーグルアースに全長5000kmの超巨大な白い線が出現! レーザーで落雷を制御する気象操作ビームの痕跡か!?の画像2
画像は「Daily Star」より

 ロール雲の中でも特に巨大なものは「モーニング・グローリー」と呼ばれ、朝方を中心に現れ、気象衛星から撮影されることもある。とはいえ、モーニング・グローリーも最大で1000km程度だと言われているため、5000kmを超えるものが存在するかどうかは分からない。モーニング・グローリーとは異なる気象現象かもしれないし、まったく別の“何か”かもしれない。

グーグルアースに全長5000kmの超巨大な“白い線”が出現! レーザーで落雷を制御する気象操作ビームの痕跡か!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル