イルミナティのトップを占める13家族を暴露!! 「マスタープラン」と「新世界秩序」を主導、地球を完全支配する闇の“評議会”の実態

●ロスチャイルド家(Rothschild family)
●ブルース家(Bruce family)
●ケネディ家(Kennedys)
●メディチ家(Medici family)
●ハノーバー家(House of Hanover)
●ハプスブルク家(House of Hapsburg)
●クルップ家(Krupp family)
●プランタジネット家(House of Plantagenet)
●ロックフェラー家(Rockefeller family)
●ロマノフ家(House of Romanov)
●シンクレア家(Sinclair family)
●ワールブルク家(Warburg family)
●ウィンザー家(House of Windsor)

 この厳選されたエリートグループの内部にも階層があるという。“評議会”内で最も強力で影響力のあるグループはロスチャイルド家のメンバーで、彼らはその並外れた富と、米国連邦準備制度理事会などの国家機関に強力な影響を及ぼし、世界の銀行セクターに対する多大な影響力を保持するための最も重要なメンバーであると考えられている。

イルミナティのトップを占める13家族を暴露!! 「マスタープラン」と「新世界秩序」を主導、地球を完全支配する闇の評議会の実態の画像3
「Disclose.tv」の記事より

■世界で最も“パワフル”な一族トップ5

 この13家族には実は諸説あり、アスター家やデュポン家、メロヴィング王朝などが入っているとする説もあるようだ。世界を動かす有力な一族はほかにもいるということになるが、YouTubeチャンネル「Science Day」の動画では、世界で最も“パワフル”な一族トップ5を解説している。

5位:アスター家(Astor Family)

 ジョン・ジェイコブ・アスターが初代となるアスター家は18世紀に毛皮事業を始め、その後不動産への投資を開始した。ニューヨークの街路、建物、地域は、アスターまたはアストリアという名前がついているところが多いが、これはアスター家にちなんで名付けられたためだ。

 かつて“ニューヨークの地主”として知られていた彼らは、多くのホテルや住宅街、さらにはニューヨーク公立図書館の建設を担当し、多額の寄付も行った。以来、アスター家からはイギリスの庶民院(下院)に議席を獲得する者も現れ、一族の幾人かは高貴な称号を獲得した。

4位:デュポン家(Du Pont Family)

 デュポン家はもともとフランス出身で、1800年代に火薬業界で富と権力を獲得した。当時彼らは世界の爆薬の40%を供給し、アメリカの原子爆弾に使うプルトニウムを製造した。

イルミナティのトップを占める13家族を暴露!! 「マスタープラン」と「新世界秩序」を主導、地球を完全支配する闇の評議会の実態の画像4
画像は「YouTube」より

 デュポン家は家族の中でその莫大な富を維持しているので、故意に近親婚をしていたことでも知られる。彼らは現在、製造、農業、化学、電子機器、食品、政府、医療、北極から1300kmに位置する「Doomsday Seed Vault」への資金提供などの数十の業務に携わっている。

イルミナティのトップを占める13家族を暴露!! 「マスタープラン」と「新世界秩序」を主導、地球を完全支配する闇の“評議会”の実態のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル