1972年にロスチャイルド家が開いた晩餐会の悪夢すぎる写真17枚が流出! 生贄・悪魔崇拝・人肉食を示唆か、“陰謀と狂気の宴”全貌!!

 タキシードを身につけた男性と、豪奢な鹿のマスクをかぶった女性が並んで写る奇妙な写真がある。表向きは欧米の政財界をリードする大富豪であり、裏では秘密結社を結成して世界的な陰謀を企んでいるとされるロスチャイルド家で開かれた、とある晩餐会の写真である。タキシードの男性はパリ・ロチルド(ロスチャイルド)家の四代目当主ギー・ド・ロチルド、そして鹿のマスクをかぶった女性はその妻マリー・エレーヌ。裸のマネキンや壊れた子供の人形が並べられた悪夢のような会場には、不気味な仮面や衣装で扮装した紳士淑女が集っていた。夫妻が開いた奇妙なパーティ、それは陰謀論で語られる「儀式」をほのめかしたものだったのか——。

1972年にロスチャイルド家が開いた晩餐会の悪夢すぎる写真17枚が流出! 生贄・悪魔崇拝・人肉食を示唆か、陰謀と狂気の宴全貌!!の画像1
画像は「Dangerous Minds」より引用

■ロスチャイルド家当主夫妻が開催した「シュルレアリスト・ボール」

 1972年12月12日、フランスのフェリエール城。当時ロスチャイルド家が所有していた豪華な城で、「シュルレアリスト・ボール」は開催された。その名の通り、シュルレアリスムをテーマとした晩餐会で、巨匠サルバドール・ダリが監修、ホストである夫妻やゲスト、使用人たちの衣装を制作したという、まさに大金持ちの放蕩を絵に描いたようなものであった。

1972年にロスチャイルド家が開いた晩餐会の悪夢すぎる写真17枚が流出! 生贄・悪魔崇拝・人肉食を示唆か、陰謀と狂気の宴全貌!!の画像2

 招待状からして鏡文字で書くという手の込みようで、ゲストのドレスコードは「黒のタイ、ロングドレス、シュルレアリストの頭」と指定されていた。そして当日、会場に向かった紳士淑女らを出迎えたのは、燃えるようなオレンジ色でライトアップされたフェリエール城であった。

1972年にロスチャイルド家が開いた晩餐会の悪夢すぎる写真17枚が流出! 生贄・悪魔崇拝・人肉食を示唆か、陰謀と狂気の宴全貌!!の画像3
招待状。画像は「Dangerous Minds」より引用
1972年にロスチャイルド家が開いた晩餐会の悪夢すぎる写真17枚が流出! 生贄・悪魔崇拝・人肉食を示唆か、陰謀と狂気の宴全貌!!の画像4
画像は「Dangerous Minds」より引用

 猫の扮装をした執事に案内され、ゲストはリボンで蜘蛛の巣の迷宮のように飾り付けられた城の中を進んだ。ホストであるマリー・エレーヌは、本物のダイヤモンドをあしらった立派な角の生えた鹿のマスクを身につけてゲストを迎えた。

1972年にロスチャイルド家が開いた晩餐会の悪夢すぎる写真17枚が流出! 生贄・悪魔崇拝・人肉食を示唆か、陰謀と狂気の宴全貌!!の画像5
画像は「The Rake」より引用

 招かれた人々は歴史ある貴族の面々や政財界の大物、当時の大スターたちだった。そのゲストたちも皆、普段の姿を捨て去ったように自らを飾り立てた。黄金の目玉が大量にあしらわれたような仮面や顔が複数ある仮面をかぶったり、ルネ・マグリットの絵画「人の子」をモチーフにした衣装をまとったり、顔に青空をペインティングしたり……。ゲストの一人、大女優オードリー・ヘップバーンは鳥かごを頭からかぶっていた。

1972年にロスチャイルド家が開いた晩餐会の悪夢すぎる写真17枚が流出! 生贄・悪魔崇拝・人肉食を示唆か、陰謀と狂気の宴全貌!!の画像6
画像は「The Rake」より引用
1972年にロスチャイルド家が開いた晩餐会の悪夢すぎる写真17枚が流出! 生贄・悪魔崇拝・人肉食を示唆か、陰謀と狂気の宴全貌!!の画像7
画像は「The Rake」より引用
1972年にロスチャイルド家が開いた晩餐会の悪夢すぎる写真17枚が流出! 生贄・悪魔崇拝・人肉食を示唆か、陰謀と狂気の宴全貌!!の画像8
画像は「Dangerous Minds」より引用

 会場内にはバラの花園に横たわった裸のマネキンが置かれ、ディナーテーブルには手足がもがれたり頭部に穴の空いた子供の人形や、不気味な亀の剥製が飾り付けられていた。真っ黒な毛皮が敷かれたお皿には真っ赤な唇が盛り付けられ、カニバリズムを彷彿とさせた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ