70年代のイラン女性の服装がヤバイ! 超イケイケ&セクシー、ソレイマニの死をきっかけにこの時代再来!?

70年代のイラン女性の服装がヤバイ! 超イケイケ&セクシー、ソレイマニの死をきっかけにこの時代再来!?の画像1
イラン革命の前(左)と後(右)。画像は「The Seattle Times」より。

 米国が殺害したイラン革命防衛体コッズ部隊のソレイマニ司令官は、“イランの英雄”だと報じられることが多いが、イラクなどでシーア派のイランと敵対するスンニ派系住民を大量に虐殺していたとして諸外国では悪名が高い。

 イランではシーア派のシャリーアに基づく神権政治がしかれており、女性はヒジャーブを身に着けることが義務付けられている。これを破ると宗教警察により逮捕される。しかし、イランでイスラームの規範に則った政治体制が敷かれるようになったのは最近のことだ。1978年に起こったイラン革命以前のパフラヴィー朝イランでは、欧米にならった近代化が推し進められ、女性たちは自由な服装を楽しんでいたのだ。

70年代のイラン女性の服装がヤバイ! 超イケイケ&セクシー、ソレイマニの死をきっかけにこの時代再来!?の画像2
画像は「Disclose.tv」より
70年代のイラン女性の服装がヤバイ! 超イケイケ&セクシー、ソレイマニの死をきっかけにこの時代再来!?の画像3
画像は「Dead State」より

 1925年にひらかれたパフラヴィー朝では、先んじて近代化を進めていたトルコのケマル・パシャに習い、近代化改革である白色革命が行われた。これにより、女性の権利も上昇し、参政権に加えて服装の自由も認められた。70年代当時のイランは今とはまるで別の国である。

 当時のイラン女性はもちろんヒジャーブをかぶっておらず、ミニスカートで生脚を露出。谷間を強調したきわどい写真も残っており、ラフな服装の若者がウィンドウショッピングを楽しんでいる姿もある。

70年代のイラン女性の服装がヤバイ! 超イケイケ&セクシー、ソレイマニの死をきっかけにこの時代再来!?の画像4
画像は「BBC」より
70年代のイラン女性の服装がヤバイ! 超イケイケ&セクシー、ソレイマニの死をきっかけにこの時代再来!?の画像5
画像は「News Oholic」より
70年代のイラン女性の服装がヤバイ! 超イケイケ&セクシー、ソレイマニの死をきっかけにこの時代再来!?の画像6
画像は「Disclose.tv」より

 ただ、こうした急激な世俗化政策と改革に反発を覚える保守派の国民や宗教勢力も多く、それがイラン革命に繋がった。民衆自らが西欧的自由を手放したのだ。それ以降、アメリカの傀儡だとされたパフラヴィー朝が倒れたことで、イランは急速に反米化していく。現在のイラン・イスラム共和国がアメリカに対し敵対的であるのも、そうした背景があってのことだ。

 イランにとって、親アメリカのパフラヴィー朝を打倒したイラン革命を防衛死守するための軍隊の将軍だったソレイマニ司令官を殺害したトランプ米大統領は、正当かつ絶対的な敵だと言えるだろう。

 一方、彼の死を喜んでいる反体制派のイラン国民も少なくなく、ツイッターのタグ#FreeIran2020には、ソレイマニ司令官の死後に大喜びする市民の姿や「トランプ大統領ありがとう」というメッセージが溢れている。それもそうだろう。昨年10月には反政府デモの参加者1000人以上が革命防衛隊によって殺されているのだ。彼らにとって同部隊の将軍であるソレイマニ司令官の死は天祐以外の何物でもない。

 

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ