イルミナティのトップを占める13家族を暴露!! 「マスタープラン」と「新世界秩序」を主導、地球を完全支配する闇の“評議会”の実態

 この世界の真の支配者は誰なのか。それを考える上で重要なのは一族の血統であるという。この世界を支配しているのは13の家族の血統であるというのだ。

※ トカナ配給の映画『イルミナティ/世界を操る闇の秘密結社』2021年2月5日(金)に全国ロードショー!! 詳細はコチラ!


■イルミナティのトップを占める13家族

 世界を裏側で牛耳っているといわれている秘密結社“イルミナティ”だが、最近になってネット上でよく語られるようになっているのはイルミナティの司令部である“評議会(council)”という言葉であるようだ。この“評議会”の人々こそが地球を完全に支配する「新世界秩序(New World Order)」の“大本営”であるというのだ。

イルミナティのトップを占める13家族を暴露!! 「マスタープラン」と「新世界秩序」を主導、地球を完全支配する闇の評議会の実態の画像1
「Disclose.tv」の記事より

 新しい言説では、この“評議会”はイルミナティのトップに君臨する中央集権化された司令部であることを示唆している。“評議会”のメンバーは血統によって決定されており、地球上の13家族だけにしかメンバーシップの資格は与えられていないという。

 イルミナティのメンバーは世界中に数百万単位でいると考えられていて、 さまざまな政治家、CEO、銀行家、さらにはハリウッドの有名人などが活動している。

 イルミナティの目標を達成するためのメンバーたちによる努力は、この“評議会”によって評価され、それに応じて有形無形の報酬が与えられている。しかしながら一般のメンバーはこの“評議会”の動をよくわかっていない。一般メンバーにはイルミナティの計画の詳細である「マスタープラン」は知らされておらず、誰が“評議会”の会議の席に座っているのかさえ知らない。

 しかし最近の研究によって、“評議会”がどのように構成されているかが解明されたことが報告されている。秘密結社のトップに君臨する司令部のメンバーは、世界で最も強力で影響力のある13の家族に限定されているというのだ。

イルミナティのトップを占める13家族を暴露!! 「マスタープラン」と「新世界秩序」を主導、地球を完全支配する闇の評議会の実態の画像2
「Disclose.tv」の記事より

 これらの家族は、彼らが古代の神々の直系の子孫であるため、全世界を支配する権利があると考えられているようだ。オルタナティブメディア「Disclose.tv」によればその13の家族とは次の通りだ。

イルミナティのトップを占める13家族を暴露!! 「マスタープラン」と「新世界秩序」を主導、地球を完全支配する闇の“評議会”の実態のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル