宇宙で完全に未知の「電波モヤ」が発見される! ワームホールの“喉”なのか、人類の智を超えた謎がまた一つ… 科学者も大興奮!!

 あるいはそういったものとはまったく別のものであるかもしれない。2人のロシアの科学者は、ORCが時空のワームホールの“喉”であるかもしれないとさえ示唆している。

 これまでに発見された一握りのORCから推定されるその数は、宇宙に約1000あるという。研究チームは世界中の望遠鏡を使ってより多くのORCを見つけることを優先した上で、その原因を理解するための調査を進めていくとしている。

 ORCは非常にかすかで見つけにくいため作業は非常に難しい。研究チームは、前出のすべての可能性をブレインストーミングしており、チームの誰かがこのパズルを解くきっかけとなるインスピレーションが閃く“ユーレカ(我発見せり)”の瞬間を待ち望んでいるという。

 研究チームのレイ・ノリス教授によれば、このORCの謎に挑むことはエキサイティングな時間であるという。ほとんどの天文学研究は宇宙に関する知識を洗練すること、または理論をテストすることを目的としている。しかしこの件のように誰も見たことのない新しいタイプの現象に出くわし、それが何であるかを理解しようとする課題に直面する機会はめったにない。

 ORCが完全に未知のものである場合、これまでの宇宙観を根底から揺るがすものになる可能性もある。始まったばかりのORC研究の進展をこれからもチェックしていかなければならないようだ。

参考:「Live Science」、 「The Conversation」、ほか

文=仲田しんじ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

村田らむが三重県伊賀市を「ニンニン忍者尽くし」のぶらり旅! 1人で行っても超楽しい…絶ッ対に行きたくなるルポ

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

「美しすぎる母親」をもった精神科医を襲った“美醜の苦悩”! 蘇る母の性的な記憶とコンプレックス

<第6回 春日武彦→末井昭> ■■■■■猫嫌い■■■■■ ...

宇宙で完全に未知の「電波モヤ」が発見される! ワームホールの“喉”なのか、人類の智を超えた謎がまた一つ… 科学者も大興奮!!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル