宝くじ当せん者の3分の1は数年以内に破産! 家族で壮絶殺し合い、知人変貌…10例がヤバい

 2020年は新型コロナウイルスによる影響で世界中に衝撃が走った。健康被害はもちろんのこと、経済的打撃が人々に与えた影響は大きい。そんな中、今年も11月24日(火)から12月25日(金)まで年末ジャンボ宝くじが発売され、人々に夢を与えている。だが、信じられないことに、宝くじに当選した人の約3分の1は、数年以内に破産しているというのだ。では全てを失った10人の宝くじ当選者の例を見てみよう。

10. リサ・アルカンドの場合

宝くじ当せん者の3分の1は数年以内に破産! 家族で壮絶殺し合い、知人変貌…10例がヤバいの画像1
「Listverse」の記事より

 シングルマザーのリサは1億円の宝くじに当選した。リサはまず、全ての友人を招待してパーティを開き、新しい家具を備え付けた新居を購入し、贅沢な旅行を楽しんだ。そして息子を学費の高い私立校に入れ、夢であったレストランを開いた。リサはその初期費用に550万円を投じたが、レストランは全くはやらずに閉店となった。リサが賞金を得てから、請求書の支払いに問題を抱えるまで、わずか4年であった。

9. トット夫妻の場合

宝くじ当せん者の3分の1は数年以内に破産! 家族で壮絶殺し合い、知人変貌…10例がヤバいの画像2
「Listverse」の記事より

 トット夫妻は、自分の誕生日、婚約した日、2人が出会ったときの年齢、そして祖母の住所――と決まった番号の宝くじを定期的に購入していた。

 ある日、トット夫妻は自分の住む地区の誰かが宝くじに当選したというニュース速報を見た。彼らは、その当選番号が自分の購入したものであるとすぐ気づいたが、そこには大きな問題があった。彼らは宝くじ券を紛失してまい、見つけることができなかったのだ。

 夫のマーティンは宝くじの運営会社に連絡したが、会社は当たりくじ無しに賞金は出せないと告げた。彼らは何年も裁判で戦ったが、賞金は決して支払われなかった。マーティンは人生を裁判に費やし、酒に溺れ始め、妻のケイトは彼のもとを去った。

宝くじ当せん者の3分の1は数年以内に破産! 家族で壮絶殺し合い、知人変貌…10例がヤバいのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで