2021年5月6日ついに恐怖の大王が空から降って人類滅亡⁉ ノストラダムス2021年の予言を解説!

4.アメリカのサイボーグ兵士誕生&人類も脳チップを埋め込まれ完全洗脳

 アメリカ国防総省の1つである「アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)」は、2017年に脳とコンピューターをつなぐ神経インプラントの開発する「Neural Engineering System Design」というプロジェクトを発表した。兵士の脳に埋め込まれたチップに直接データや画像を送ったり、兵士同士で情報を共有することで高度な連携が可能となり、全体の戦闘力がアップするというのである。

 兵士らは脳チップによってサイボーグ化するが、いずれ我々庶民も脳チップをインプラントされるのであろう。ただ脳チップにおいては操作側から好きに情報を流せるので、いかようにも情報操作可能となろう。脳チップを使えば、記憶力など人間の生物学的知性を超えた進歩が可能だろうが、完全洗脳されてしまう危険性もある。そうなれば、我々人類は自我を失ってしまうこともあり得る。これはもう生きていながら死んでいるのと同じである。

画像は「Getty Images」より引用

5.人工知能とロボットの支配、不要な人間はAIに殺される

 2021年以降、人工知能は人間と同等かそれ以上の能力を持ち、SFで語られるような終末論的なシナリオが展開されるとノストラダムスは予言する。

 自動化された機械は、人間のような高い給料もいらず、休憩やその他の手当も要求せず文句も言わない。単純な労働は人間から機械に取って代わられるだろう。しかも、弁護士、医者、公務員などといった高学歴が必要で社会的な地位が高い職種までも人工知能に奪われてしまうのだ。絵を描いたり、作曲したり、人工知能はクリエイティブなことまでこなすので、人間ができる仕事はほとんどなくなるだろう。

 雇用主が人間でなく人工知能になれば、完全に社会は崩壊し、人間はいらなくなる。2021年は、ロボットに人間がなぶり殺される時代の幕開けになるかもしれない。

画像は「Getty Images」より引用

6.プーチンは反キリスト!アメリカの内戦から始まる第三次世界大戦で30億人が死ぬ

 聖書の予言によれば終末、救世主のふりをして人々を破滅に向かわす反キリストが現れるという。

 プーチンがロシアの政治権力を握って20年、まさに強権政治の象徴であろう。KGBでスパイ活動をしていたプーチンだが、不老不死の噂があるなど、数々の超人伝説がある。

 プーチンが長期政権を維持できたのは、反体制派の人物を暗殺するなど徹底規定に邪魔者を排除してきたからだとも言われている。このように「タフで抜け目がない」からこそ、トランプとウマが合うらしい。それゆえ米大統領選挙に関しても、プーチンはバイデンを次期大統領とはなかなか認めなかったのである。

 12月15日、プーチンがバイデンが次期アメリカ大統領として祝電を送ったと報道がされた。しかし、実際にはバイデンに対する警告文であったとも言われている。プーチンが「協力する用意はある」と祝電にあったという。

 これは、トランプが大統領として決断した場合、プーチンは「(トランプに)協力する用意がある」という意味ではなかったのだろうか。

 ここで筆者は、最近の情勢が未来人ジョン・タイターの次の予言通りになってきたと感じざるを得ない。

「内戦が起こって混乱状態になったアメリカに、ロシアが核兵器を打ち込む。アメリカが即座に反撃したことで全面核戦争となり、第3次世界大戦が勃発。騒動のどさくさに紛れて中国が覇権を握り、台湾、日本、韓国を強引に併合してしまうが、最終的には30億人の死者を出してロシアが勝利する」

 内戦を収めるために協力したつもりが、よりいっそう混乱を招く。つまり、プーチンによって世界の破滅の引き金が引かれるということだろうか。

 いずれにせよ、ノストラダムスによれば、2021年の第三次世界大戦は避けられないという。

画像は「Getty Images」より引用

 いかがだっただろうか? ノストラダムスはここに取り上げた以外にも、ロシアの科学者が作成したウイルスにより、多くの人々がゾンビ化する、経済が大きく崩壊する、ローマ教皇の活躍、人類が宇宙旅行をするなど、さまざまな予言をしているとされている。

 ノストラダムスの予言は、抽象的な四行詩で表現されているため、読み解くのははっきり言って難解である。歴史を紐解き、知識と照らし合わせれば、ある程度は予言を読むことはできるだろう。しかし、人類はまだノストラダムスのような高次元の域に達していないからこそ、予言の真髄が理解できていないだけなのだと筆者は思う。

 過去を振り返れば、疫病と人類の進化はセットになっている。2021年は新たな進化を迎えた人類にとっての希望に満ちた新世紀の幕開けとなることを願ってやまない。(文=白神じゅりこ)

参考:「Yearly Horoscope」「Wise Horoscope

文=白神じゅりこ

★白神じゅりこ

新感覚オカルト作家。ジャンルを問わず幅広く執筆。世の中の不思議を独自の視点で探求し続けている。

・ 白神じゅりこ運営のYouTubeチャンネル『滅亡ちゃんねる』
執筆記事の解説など、旬な都市伝説・オカルト・スピリチュアル情報を発信!
・ DEEP RED YouTubeチャンネル『白神じゅりこの「ほんとにあったリアル都市伝説」』
ブログ「滅亡日誌」http://julinda.blog96.fc2.com

 

白神じゅりこの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

2021年5月6日ついに恐怖の大王が空から降って人類滅亡⁉ ノストラダムス2021年の予言を解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング11:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル