【トランプ】暴動の裏側にある黒い思惑! CIA右派の動きとグレートリセット、バイデン側の国賊…現役諜報員が暴露!

写真 バリケードが張られたホワイトハウス。前はBLM通り。警察が24時間体制で監視中で異常な緊張感が漂う。


──デモはどのくらいの人数が集まりそうですか?

 

ジェームズ たぶん、100万人は集まるんじゃないかと言われています。

 

──じゃあ、現地は相当緊迫しているんじゃないですか?

 

ジェームズ いえ、1月1日現在、まだ緊迫感はないですね。ワシントン市民も1/6のデモのことは知りませんから。このように現地の住人が知らない中で、右派左派ともに特定の勢力が動員されるというのが、「コントロールされた反対勢力」が活動している証拠です。

 

──隠密裏に動員されているんですね。NEW YEARもなにもなく水面下では活発ですね。BLMとかも集まっているんですか?

 

ジェームズ 集まってくるでしょうが、まだ、それほどの動きは見せていないです。それにこのデモは対民主党のものではないんですよ。実は共和党側に圧力をかけるためのものです。

 

──えっ、味方にですか!?

 

ジェームズ そうです。というのも、いま共和党では内部分裂が起きていて、バイデン側に寝返る共和党議員たちが増えているんです。そういう動きにストップをかけ、巻き返しをはかるためのデモになります。

 

左はアメリカ労働総同盟・産業別組合会議(AFLーCIO)本部、左は聖ヨハネ聖公会教会。AFLーCIOは全米労働組合の総本山で民主党支持、BLMも支持。聖ヨハネ聖公会教会は大統領が必ず訪問する教会で、フロイド事件後極左により放火、落書きの被害にあった。トランプ大統領が教会前で聖書を掲げたことは有名。

 

──やっぱりバイデン側に行く議員がいるんですね。ちなみにいまどちらが優勢なんですか? 

 

ジェームズ こちらで感じたのは共和党でのトランプ派離反者がかなり多いことです。実際、大統領選挙期間中に共和党の反トランプ派が組織したリンカーン・プロジェクトなるものが発足し、バイデン側につくように促していました。実は前述の新CIA右派の会合に紛れ込んできた元CIA関係者もリンカーン・プロジェクトの最高幹部の一人です。これは結構深刻な問題です。離反者は、不正を看過し、バイデンにつくことで自らの保身を画策しています。彼らが支配的になると共和党も終わりです。

 

──1/6は米上下両院で選挙人団投票の結果承認の議会があります。ここで共和党内にバイデン側へ寝返る議員が大量に出るマズいですね。

 

ジェームズ そこは上院選挙がまだ確定していないので、共和党、民主党どちらが過半数を取るかにもよると思います。それは1/5までにわかりますが、共和党が過半数を取っても寝返りの問題は消えません。また、共和党の離反者は議員だけではなく共和党員にもいえます。彼らは基本的に白人富裕層なので、保身に走りがちで、極左のバイデン─ハリスを支持するという国賊に成り下がっています。彼らのほとんどは株等の不労収入で生きているので、おそらくGreat Resetで儲けようとしているんじゃないですかね。

 

──結局、みんな勝ち馬に乗りたいんですね。しょうがないんでしょうけど。ともかく、グローバリストは人の操り方が巧妙ですね。

 

ジェームズ 人はどうしても金で動いてしまいますからね。ですから、1/6はできるだけ多くの人数を集めて、寝返りそうになっている共和党議員たちや共和党員たちに寝返らないほうがメリットがあるというのを見せつける必要があるんです。つまり全米のトランプ支持者がワシントンにおしかけ、共和党議員に圧力をかけるということです。取り急ぎ、新年一発目の現地情報でした。こちらに居る間、最新現場情報を伝えていきますので、楽しみしていてください。

 

聞き手:中村カタブツ君

 

 

文=ジェームズ斉藤

ジェームズ斉藤(@JamesSaito33)
某シークレットセミナー教官。某国諜報機関関係者で、一切の情報が国家機密扱い。国際ニュース裏情報の専門家。ツイッターはこちら

ジェームズ斉藤これまでの記事はコチラ

★Parler (JamesSaito33)
https://parler.com/profile/JamesSaito33/posts

★Telegram
https://t.me/JamesSaito33

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
暴力描写が過激ぎて欧米で上映禁止! 壮絶リンチ、耳切り、残酷すぎる人体損壊の名作『続・荒野の用心棒』

暴力描写が過激ぎて欧米で上映禁止! 壮絶リンチ、耳切り、残酷すぎる人体損壊の名作『続・荒野の用心棒』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
トランプ好きでもQアノンを信じるな! ジェームズ斉藤が解説する「ディープステートの思惑とCIAの裏工作」

トランプ好きでもQアノンを信じるな! ジェームズ斉藤が解説する「ディープステートの思惑とCIAの裏工作」

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

【トランプ】暴動の裏側にある黒い思惑! CIA右派の動きとグレートリセット、バイデン側の国賊…現役諜報員が暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル