「時空の制限から逃れる方法」を米軍が確立していた!! CIA極秘文書「ゲートウェイ体験レポート」で発覚、7日間のトレーニングも!

 体外離脱とはいったいどのような体験なのか。かつてアメリカで体外離脱体験を国防に活用する方法が真剣に検証されていたことが、機密解除されたCIA文書から明らかになっている。

■公開された機密文書「ゲートウェイ体験レポート」とは

 米ソ冷戦時代、CIAは当時のソ連がサイキック(超能力者)を軍事活用するための研究を本格的に推進していることを知り、危機感を募らせていた。

「時空の制限から逃れる体外離脱法」米軍が確立していた!! CIA極秘文書「ゲートウェイ体験レポート」で発覚、7日間のトレーニングも!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 そこで米軍が主体となって各種の超能力研究プロジェクトが立ち上げられていたことがかつての機密文書からわかってきている。代表的なものには遠隔透視(リモートビューイング)能力を諜報活動に活用する「スターゲイト計画(Stargate Project)」がある。

 そして、そもそもこの“スターゲイト”とはどんな意味で使われているのか。

 SFドラマのタイトルにもなったスターゲイトは環状遺跡の呼称だが、一部の専門家によれば、スターゲイトはゲートを越えて到達する一種の“あの世”のことであるという。あの世であるスターゲイトは時空を超越した宇宙と一体化した世界であり、ここに到達できた者はたとえば遠隔透視能力なども獲得できるのである。

 ではどうやってこのスターゲイトに到達することができるのか。そこで冷戦時代のアメリカで行われた調査研究が「ゲートウェイ体験(Gateway Experience)レポート」である。ゲートウェイ体験をすることで時空を超えた世界へ意識を送り込むことができるという。

 ソ連のサイキック研究に遅れをとるわけにはいかなかったアメリカ当局が注目したのは、ロバート・モンローの一連の体外離脱研究だ。

 1958年に睡眠学習を行っている時に偶然に体外離脱(OBE)を体験したモンローは独自に研究を深め、1971年にそれまでの研究をまとめた著書『Out of the Body』(邦題『体外への旅』ハート出版)を出版する。この著作によって「体外離脱体験」という用語が社会に広まった。

「時空の制限から逃れる体外離脱法」米軍が確立していた!! CIA極秘文書「ゲートウェイ体験レポート」で発覚、7日間のトレーニングも!の画像2
「VICE」の記事より

 そして1983年、米陸軍総司令官から任命されたウェイン・M・マクドネル中佐は、モンローの研究成果を下敷きにしたゲートウェイ体験と体外離脱体験の総合的理解のために「ゲートウェイ体験レポート」の作成に取り組むことになったのだ。

「時空の制限から逃れる方法」を米軍が確立していた!! CIA極秘文書「ゲートウェイ体験レポート」で発覚、7日間のトレーニングも!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル