【マネーの怪談】思い出した? だらしない男を襲ったUSBメモリの謎フォルダ

関連キーワード:

,

,

――経済専門家が語る本当に怖い「マネー怪談」

 いつもお話しする経済の怪談とはちょっと毛色が違うけれど、お金にまつわる怖い話であることに違いはない。千葉県の旧車會のメンバーであるカズユキの身の上に起きた怖い話だ。

 カズユキは昔から、仲間内では流行りものが好きで面白い奴だといわれる反面、欠点も目立っていてとにかく忘れっぽくてだらしがない。そして仲間がみんな30代になった今でも、定職につかずぶらぶら暮らしている。

 旧車會の仲間も似たりよったりのグループで、先輩でちいさな不用品回収会社を経営するノボルくんのところに数人の仲間が入り浸っては酒を飲んで日々を過ごしている。

「あれ、思い出した。これオレのっすよ」

 その日、カズユキはバイト上がりにノボルくんの事務所を訪れ、応接室とは名ばかりの、ノボルくんが事務所で寝泊まりするだけのビール缶やペットボトルが散乱する部屋でノボルくんとふたりで発泡酒を呑みながら事務所のパソコンでエロ動画を検索していた。

 2019年の初夏のこと、当時は珍しかった有名AV女優のモザイク破壊モノ、つまり全部はっきり映っている動画を見つけてふたりで「ウヒょー」と声をあげて、それでノボルくんが、

「これ保存してえなあ」

 というので、カズユキはそれを裏ソフトで動画ダウンロードをして、そのあと自分の分もコピーしようと思いたったのだった。

 それで何かに保存して持ち帰ろうと事務所のガラクタ箱をひっくり返していたら、なんとなく見覚えがあるUSBメモリを発見したのだ。それで、

「あれ、思い出した。これオレのっすよ」

 と言うとノボルくんも、

「そうか。じゃあそれに入れて持って帰れよ」

 と言ってくれたのだ。

画像は「Getty Images」より引用

「でもなんでオレのUSBメモリがノボルくんのガラクタ箱に入ってるんだろう?」

「そりゃカズユキがなんか入れてオレにくれたんだろうぜ」

「そうですか。覚えていないなあ?」

 そう思ってUSBメモリをパソコンに差し込んでどんなファイルが入っているか調べてみたのだが、何か英語のフォルダーがあって、それを開くと英語のファイルが入っているだけだった。

「なんだろう。覚えていないなあ?」

 とカズユキが言うと、

「いいじゃん。上書きしちゃいなよ」

 とノボルくんが言う。

【マネーの怪談】思い出した? だらしない男を襲ったUSBメモリの謎フォルダのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル