2600年までに人類は“確実に”不老不死&タイムトラベル実現する!! 学者が「ロードマップ」で4つのプランを提示、人間性の“限界突破”へ

 人類は生物としての人間性を超克するきわめて挑戦的な課題である“不老不死”を成し遂げることができるのか。ある専門家は不老不死は実現可能であり、永遠の魂に通じるロードマップはもうすでに出来上がっているというのだ。

■トランスヒューマニストが掲げる“不老不死のロードマップ”

 テクノロジーによって人間性の限界を突破しようと目論む“トランスヒューマニスト”たちがいる。

 2018年にロシアの科学者でトランスヒューマニストのアレクセイ・ターチン氏は、我々人類が永遠の命を得て、さらには死者を生き返らせる技術を獲得するための道のりとなる“不老不死のロードマップ”を発表している。

2600年までに人類は確実に不老不死&タイムトラベル実現する!! 学者が「ロードマップ」で4つのプランを提示、人間性の限界突破への画像1
「Daily Star」の記事より

 トランスヒューマニズムに関する著作をいくつか持つアレクセイ・ターチン氏は、11歳のときに幼なじみを亡くしたことをきっかけに、不死の追求に一生を捧げる決意をしたということだ。

 そしてターチン氏は研究仲間のマキシム・チェルニャコフ氏と共著で「Classification of Approaches to Technological Resurrection(技術的蘇生へのアプローチ分類)」という論文を発表し、無期限の人生への4つの異なる道を詳述する「不老不死のロードマップ」を提示している。4つあるということは1つの延命策が失敗しても、バックアップとして他の3つの策が用意されているというわけである。

「死は必ず訪れる出来事のようですが、その不可逆性には実際の証拠はありません。ここに現在の世界の科学的理解に反しない、死者を復活させるための既知の方法をすべてリストアップします。今のところ可能な方法はありませんが、ここに挙げられている方法の多くは、将来の技術革新で実現可能になるかもしれません。その可能性をより高めるために今から行動するのです」(研究論文より)

 ではその4つの計画とはどのようなものなのか。

2600年までに人類は確実に不老不死&タイムトラベル実現する!! 学者が「ロードマップ」で4つのプランを提示、人間性の限界突破への画像2
「Daily Star」の記事より

 1つ目のプランAは、バイオ医療技術の高度な進歩によってもたらされる。究極的には各種の臓器をはじめとする身体のパーツに生物学的寿命が訪れたときに、最先端のバイオテクノロジーで再生したパーツに交換しながら生き永らえる方法だ。

 このプランAは単純に医療技術の進歩を待つしかないということにもなる。壮大なビジョンを掲げるトランスヒューマニストでも、このプランAを前にすればただ手をこまねいて待つしかないのだ。

 そこで次に出てくるのかプランBである。それは医療技術が進歩するまでのんびりと“待つ”ことだ。“待つ”というのは人体の冷凍保存である。人体の冷凍保存はすでにいくつかの企業によって提供されているサービスで、2016年の時点で世界全体で約350人が冷凍保存されていることが報告されている。

 そしてプランCは「デジタル不死」であり、特定の人物に関するあらゆるデータを保存して、能力が向上したAIによって将来再構築できるようにするということだ。「間接マインドアップロード」とも呼ばれている。

 ハイテク時代のディストピアを描いたSFドラマシリーズの『ブラック・ミラー(Black Mirror)』のシーズン2、「Be Right Back」のエピソードで、この種のテクノロジーの弊害が描かれている。このエピソードでは、女性が亡くなった夫のソーシャルメディアの活動履歴に基づいて夫をサイボーグで再現している。

2600年までに人類は確実に不老不死&タイムトラベル実現する!! 学者が「ロードマップ」で4つのプランを提示、人間性の限界突破への画像3
「Daily Star」の記事より

 ターチン氏はすでに自分自身にまつわるすべての情報と行動記録を保管する作業を行っている。この情報から将来、AIはターチン氏の“デジタルコピー”を作りあげるというのである。

 このデジタル化された人物は、ターチン氏が存命の間にターチン氏の身体から複製されたクローンにダウンロードされるのだという。つまり死を迎える前に、自分の“分身”が出来上がるのである。

 そしてこの技術は死者の“復活”をも可能にするという。ある特定の故人の情報を収集しはじめたAIは、全ゲノム解析を行うことはもちろん、埋葬されている墓や遺骨や遺灰の在りかを突き止めて故人の肉体のクローンを作り出すという。そしてその肉体にデジタルコピーされたデータをダウンロードするのである。

 最後のプランDはある意味で単純である。死んでもいれば生きてもいる“シュレーディンガーの猫”のように、量子力学の世界で生き続けることである。一般的な物理法則を超えた世界で生き続けることができればまさに不老不死だ。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

2600年までに人類は“確実に”不老不死&タイムトラベル実現する!! 学者が「ロードマップ」で4つのプランを提示、人間性の“限界突破”へのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル