もうすぐ脳が電脳空間に繋がり「思考のインターネット」が実現すると判明! テレパシー、 集団的思考、ロボット血管…

 脳が直接ネットワークにつながる時代の到来は確実に近づいているという。ある専門家に言わせればそれは今後数十年以内である。

■脳がクラウドにつながる日

 映画『マトリックス』(1999年)の頃から、人間の脳が電脳空間につながるというアイディアは一般にも広まってきたが、ここにきてさらに現実味を増してきているようだ。

 アメリカ、カナダ、ロシア、オーストラリアの神経科学者たちによる国際的な研究チームが先日「Frontiers in Neuroscience」で発表した研究では、人間の脳がクラウドコンピューティングにつながる日が今後数十年で実現することを予測している。

 研究チームのロバート・フレイタス氏によれば、将来開発されるナノロボットが我々の脳に埋め込まれ、人間の思考とスーパーコンピュータをつなげる役目を果たすという。そしてクラウドコンピューティングの膨大な電子情報の中から必要な情報を脳に瞬時に“ダウンロード”することが可能になるということだ。

もうすぐ脳が電脳空間に繋がり「思考のインターネット」が実現すると判明! テレパシー、 集団的思考、ロボット血管…の画像1
「Daily Mail」の記事より

「ナノロボットは人間の血管系を通り、血液脳関門を通過し、そして脳細胞の間、または脳細胞内でさえも正確に位置を定めて自分を配置します。その後、リアルタイムでの脳状態のモニタリングとデータ抽出のために、クラウドベースのスーパーコンピュータネットワークとの間でエンコードされた情報をワイヤレスで送受信します」(ロバート・フレイタス氏)

 つまり脳に入り込んだナノロボットがスーパーコンピュータと無線交信するのである。

もうすぐ脳が電脳空間に繋がり「思考のインターネット」が実現すると判明! テレパシー、 集団的思考、ロボット血管…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル