【ガチ】脳のある部分に電気を流すと人は喜び、幸せになり、心から笑うと判明! “真の幸せ”は電流から!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 片づけコンサルタントの“こんまり”によってアメリカに広まった「ときめく(spark joy)」というコンセプトだが、最新の脳科学で自発的に“ときめく”方法が見つかったかもしれない。脳のある部位を微弱電流で刺激すると、心からの喜びが感じられるというのだ。

 

■帯状束を刺激して喜びを感じさせて笑顔に

 心がときめく瞬間や心の底から喜びが湧き上がってくる体験は、人をポジティブにして不安感を取り除くだろう。こうした“真の喜び”は、人生でそう何度も味わうことができそうもない体験なのだが、この喜びを意図的に体験することなどできるのだろうか。

 米・エモリー大学医学部の研究チームが今年3月に権威ある医学誌「Journal of Clinical Investigation」で発表した研究では、難治性でんかん患者の開頭手術中の反応を観察して、脳の帯状束(cingulum)を微弱電流で刺激することで、当人を幸せな気持ちにさせ笑わせることができることを報告している。

「Discover」の記事より

 てんかんの開頭手術では、場合によっては患者の認知機能をその都度確認するために覚醒状態で行われる。もちろん麻酔と鎮痛剤が施されて手術中の患者は痛みを感じることはないが、それでもかなりの不安に襲われることは想像に難くない。しかし今回発見された帯状束に電気刺激を加える手法を用いれば、手術中の患者の不安を取り除き、笑顔にさせた状態で手術を行うことが可能となる。この手法の効果は3人のてんかん患者の手術で確認されたということだ。

関連キーワード

コメント

4:トランプ大統領 2019年3月22日 23:32 | 返信

それは新興宗教団体「笑」と同じではないのか?みんなえくぼ様に操られて常に笑顔になるってやつだ!はっきり言ってキチガイだけどな。
現実世界では創価学会が実施しているぞ。みんなキモイ笑いをしてのぼせ上がっている。
自ら統合失調症でキチガイだと公言している者もいるので
頭がおかしくてクビになってもまったく気にしないようだ。
あれはインプラントによるものだろう?どんな苦境に立たされようと笑顔で
常にポジティブでいられるなんて幸せだと思うよ。例えこれから死ぬって時でも平気さ!
目の前でターミネーターが大量殺戮をしていたり、改造生物に人間が食われて死んでいても笑っていられるだろうからな。よくチョンが頭の中がお花畑だという表現をするが
キチガイな思考で常にポジティブでいられるのだから、頭の中はお花畑でいっぱいだろうよ。
なんだよ!そのお花畑ってのは?俺はそんな気色悪い表現は使わんぞ!まるでホモ野郎のようだ。
ああ、お前の頭もお花畑でいっぱいにして常にポジティブで気持ちよくなるように殺してやる!
北斗!有情破顔拳!

3:匿名 2019年3月22日 13:54 | 返信

こうして機械に支配される時代が来る
人間なぞ脳に電気流しときゃいいんだから扱いやすいねって

2:匿名 2019年3月22日 03:10 | 返信

不安や恐怖心がなかったらその辺で事故に遭うだろう

1:匿名 2019年3月21日 19:14 | 返信

>研究チームによればネガティブな記憶もまた存在する理由があることを指摘している。
 
ほんこれな。
人生は快楽を追い求めるためだけにあるのではないと信じたいね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。