寝不足の脳は“自分を食べる”と判明! 質の悪い睡眠は自己崩壊を招く…ダメージは想像以上だった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
画像は「Science Alert」より引用

 

 睡眠不足は集中力の低下や活力の低減を招くことが知られているが、さらに恐ろしい事実がこの度明らかになった。

 科学ニュースサイト「Science Alert」(3月2日付)によると、なんと睡眠不足に陥った脳は自分自身を“食べる”ことが分かったというのだ。

 体中にある細胞と同じく脳のニューロンも定期的に代謝している。これは脳脊髄中に存在するグリア細胞の1つ「アストロサイト」が古い細胞を掃除するために起こる。このプロセスは「食作用」と呼ばれており、通常、食作用は睡眠中に起こるものだが、睡眠不足によっても引き起こされることがイタリア・マルケ工科大学の研究で判明した。

 研究者らは、マウスを4つのグループに分けて実験を行った。

1、6~8時間の睡眠を取ったグループ

2、睡眠中に定期的に起こされたグループ

3、8時間余分に起きていたグループ

4、5日間寝ていないグループ

 これら4つのグループにおけるアストロサイトの活動を調べたところ、1のグループは5.7%、2のグループは7.3%の活動だったのに対し、3のグループでは8.4%、4のグループでは13.5%と高い数値を示した。睡眠不足が原因で活性化したアストロサイトは、重要なシナプスを食べ、接続を滞らせ、不要になったシナプスの残がいを残しやすくなるのだという。

コメント

1:トランプ大統領 2019年3月7日 02:39 | 返信

私以外全員敵だと思うと眠れないのだ。
世の中に居るのは統合失調症の頭のおかしい奴らばかりで私の質問に答えられる奴がいないのだ。
人間など所詮、悪の宇宙人のパペットであり、人の形をした物にすぎない。。
クローンポプちんだけの独立国家とターミネーターが無ければ人間から解放されないし夜も眠れん。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。