「非武装のアジア人はケツ掘られて…」元陸自レンジャーに独占インタビュー! アフガンでの壮絶体験やUFO目撃を激白

 大人気アニメ「けものフレンズ」のキャラクターになりきるTwitterアカウントの一群をご存知だろうか? 「ア界隈」と呼ばれるクラスターだが、“中の人”は占い師から自衛官まで多種多様。今回筆者が知り合った「タクシー運転手のアライさん」(30代男性/元陸自レンジャー/東京在住)の経歴もまた凄まじかった。

タクシー運転手のアライさん(Twitter)

――どのような経緯で自衛隊へ?

(タクシー運転手のアライさん、以下タクイ) 私は三鷹の生まれで大学時代からキック・ボクシングをやってました。その関係でタイ人トレーナーに勧められて19才でタイへ渡航したんです。そこでムエタイ選手として一年活躍したんですが、滞在中に多国間軍事演習「コブラ・ゴールド」に来た自衛隊をみまして、「あ、自衛隊でタイ語通訳できるんじゃね?」と思い立ち日本に帰国しました。陸自ではレンジャーで2カ月の訓練も受けましたが、実家の親が気がかりで退職して、大学に入り直しました。タイに交換留学生として行き、そこで日系企業に就職しましたが、20代半ばで帰国して、日本の警備会社に勤めました。この会社があまりにもブラックで精神をやられまして、2016年頃からタクシー運転手になった次第です。ただ今はコロナもあるので、悩みに悩んで退職したのですが。

――アフガニスタンの危険地帯にもおられたとか?

(タクイ) アフガンでは爆弾テロに遭遇しましたね。起きると、なんかドーンって轟音が響いてるんですよ。まだ自衛隊に入る前でしたから「年末も近いし、花火かな? トイレ行って寝よ」って、二度寝したんです。今なら爆弾(IED)や対戦車榴弾の音だってわかるんですけど。

画像は「getty images」より

 朝7時前に起きて、よく眠ったし、腹減ったなぁと食堂に向かったんです。直後、「ズドォォォーン!」と重い爆発音がして「パパパパパン!」と乾いた音が聞こえてきてね。とりあえず飯食ってお茶かコーヒーだなと思っていたら、「ピシピシピシッッ!」と何か音がして、ホテルの人が「ミスター、伏せて! バカ、伏せろ!」と言われて、何かガラスか小石みたいのが飛んでくるんですよ。

 すると目の前の壁に火花が散って「えっ!? 映画の撮影……夢か?」と思っていたら、ホテルの人にタックルを食らって倒されて、その瞬間頭上で「ズビュン」って銃弾が通り過ぎる音がして。ホテルの人が言うんですよ。「いま隣のビルにタリバンがいて、警察と米軍とで銃撃戦始まったから」って。もう死ぬんじゃないかと思って、いや、汚い話で申し訳ないんですが、チビったんですよね。

 震えながら這いつくばって、安全だと言われたホテルのフロント・ロビーに行くと、一緒に宿泊してる軍卒のイスラエル人とドイツ人もいました。慌てて「いまタリバンがががが!! あぶあぶぶぶ!!??」と知らせると、2人とも真っ赤に充血した目でケタケタ笑ってるんです。こんなときなのに大麻キメてるんですよ。でも、その無茶苦茶さに逆に安堵したというか(笑)

 この時のイスラエル人とは今でも仲良いんです。なかなか面白いやつで、「非武装のアジア人のガキが、銃持って昼からヘロインキメてる連中のとこなんて行ったら、ケツ掘られて身ぐるみ剥がされて殺されて終わりだぜ?」なんて言ってきたりね。平和ボケしてる普通の日本人の青年にはガツンときましたけどね。

「非武装のアジア人はケツ掘られて…」元陸自レンジャーに独占インタビュー! アフガンでの壮絶体験やUFO目撃を激白のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル