犬は「飼い主の浮気を想像して」嫉妬すると判明! 想像以上に人間的な内面、定説覆る!(最新研究)

 これらの結果は、犬は実際に見えなくても状況を想像して嫉妬を感じるという人間と同様の精神的能力を持っていることを示していた。またその対象が完全な無機物よりも、ぬいぐるみのように潜在的なライバルの“型”に対して、犬がより強く反応することも示唆された。

 バストス博士は、これらの実験は犬と向かい合う時、犬の心の中で何が起こっているのかを理解するために重要だという。そして「犬の内面についてもっと知ることは、人間がペットの犬をよりよく世話できることを意味します」と話し、犬の精神面についてさらに研究を深めたいと語った。

 このように動物を幸せにするための“動物実験”なら、今後も適度に行ってほしいと思うがどうだろう。

参考:「Science Alert」、「Treehugger」、ほか

文=三橋ココ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

犬は「飼い主の浮気を想像して」嫉妬すると判明! 想像以上に人間的な内面、定説覆る!(最新研究)のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル