JRA 日本ダービー(G1)7,000頭の頂点、サトノレイナス大敗か!? 競馬関係者がヤバすぎる裏事情と「限りなく絶対に近い」極秘情報を暴露!

JRA 日本ダービー(G1)7,000頭の頂点、サトノレイナス大敗か!? 競馬関係者がヤバすぎる裏事情と「限りなく絶対に近い」極秘情報を暴露!の画像1
週末は年に一度のお祭り、日本ダービーだ!

 いよいよ今週は競馬の祭典、日本ダービー(G1)が行われる。2018年に誕生した7000頭を超えるサラブレッドの頂点を決める伝統の一戦だ。過去にシンボリルドルフ、ナリタブライアン、ウオッカ、ディープインパクト、オルフェーヴル、コントレイルといった名馬が制したレースであり、今年は無敗の皐月賞(G1)馬エフフォーリア、そして牝馬ながら実力は牡馬に引けを取らないサトノレイナス、1番人気ながら大敗を喫した皐月賞からの巻き返しを図るダノンザキッドといった豪華な面々が出走する。

 この日本ダービーは一見すると実力馬が揃って人気通りの決着になると思われがちだが、過去10年で285万馬券を筆頭に3本の10万馬券が飛び出し、過去5年でも1番人気は1勝のみと波乱続出のレースでもある。ファンの間ではエフフォーリアとサトノレイナスで順当な結果になるとの声も聞かれるが、今年は2014年に10万馬券が飛び出した時と状況が酷似している。つまり今年は「波乱 → 一獲千金」のチャンスともいえるのだ。

 2014年の日本ダービーは、桜花賞2着レッドリヴェールが参戦し話題となった。対する牡馬の大将は、4連勝で皐月賞を制した関東馬イスラボニータであり、桜花賞(G1)2着のサトノレイナス、4連勝で皐月賞を制したエフフォーリアと、なにやら今年と同じ流れを組んでいる。結果はワンアンドオンリーが勝利しイスラボニータは2着、レッドリヴェールは12着に大敗。さらに3着には12番人気マイネルフロストが激走して3連単は10万馬券となっている。今年も危険な人気馬に注目が集まれば集まるほど、あの波乱が再現されるかもしれない。


■「限りなく絶対に近い」ガチ情報を公開!

 であれば、ここはコロナ禍で取材規制を受けている競馬マスコミではなく、競馬関係者から直接内部事情を聞くことができる、競馬業界のOBが入手する情報を参考にするのがもっとも核心に近づけると判断した。そして、数ある競馬情報のプロ集団の中でも特に注目すべきなのが、今や飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける「マスターズ」だ。

 このマスターズは、実際に競馬界で活動していた競馬関係者達によって運営されている。しかも、誰でも所属できるわけではなく、厳しい試験を突破した“プロ中のプロ”だけがマスターズを名乗れるのだ。その情報網は元調教師、元騎手、元厩務員、元助手、牧場、馬主関係者、競馬記者などの内部関係者で構成されており、競馬界でもっとも重要な【馬主・厩舎・騎手】の情報を管理している。ほとんどのマスコミがカバーできるのは一部の厩舎と騎手だけであり、馬主まで押さえるマスターズの情報が抜きんでていることにも納得だ。さらに、その実力は実績を見れば一目瞭然だろう。

JRA 日本ダービー(G1)7,000頭の頂点、サトノレイナス大敗か!? 競馬関係者がヤバすぎる裏事情と「限りなく絶対に近い」極秘情報を暴露!の画像2
あらゆる情報をカバーするマスターズ

 日本ダービーの参考になるレースでいえば、昨年の日本ダービーは馬連3点勝負と3連単も的中。今年も皐月賞は勝ったエフフォーリアから馬連4300円、3連複20000円の万馬券も的中。トライアルレースの青葉賞(G2)、プリンシパルステークスも的中。そして同じ3歳G1レースの桜花賞、NHKマイルカップも的中となっている。さらに高松宮記念からG1レース6連勝まで達成しており、その実績は他の追随を許さない。とにかく当たりに当たりまくっているのだ。

 そんな勢いに乗るマスターズは、今年の日本ダービーについて以下のように語ってくれた。

「いよいよ日本ダービーですね。我々も競馬関係者として気持ちが高まっています。というのもこのダービーには、我々と縁のある関係者も何頭か出走するからです。ぜひ良い結果を出してほしいですね。

 注目のダービーの有力馬ですが、もちろん横山騎手のエフフォーリアとルメール騎手のサトノレイナス、そして武豊騎手のディープモンスターに川田騎手のダノンザキッド。さらにタイトルホルダー、グレートマジシャン、レッドジェネシス、ワンダフルタウン、シャフリヤールなどハイレベルなメンバーです。しかしその中でも、ある人気馬には不安要素がいくつもあり、またマスコミがノーマークの人気薄の馬には、NHKマイルカップで推奨したソングライン(7番人気2着)のような激走サインが出ています。

 この関係者はかなりの手応えを感じているようで、他の陣営からマークされることを避けるために、マスコミにはあえて控えめなコメントに終始しています。しかし、その情報を把握している我々にとっては、これほど美味しいレースはないでしょう。コントレイルのような抜けた馬がいれば固い決着になると思いますが、今年の日本ダービーは人気通りに決着するような簡単なレースではありません。

JRA 日本ダービー(G1)7,000頭の頂点、サトノレイナス大敗か!? 競馬関係者がヤバすぎる裏事情と「限りなく絶対に近い」極秘情報を暴露!の画像3
皐月賞では50万円近い払い戻しを獲得したファンも…

 危険な人気馬と激走が期待できる穴馬、それらを把握しなければ、よほどの運がない限り的中を手にすることは難しいでしょう。もちろん我々は、ダービーに出走する関係者とは近い存在ですし、彼らがマスコミに語らない本音を把握しています。そして牝馬のサトノレイナスがオークスではなく日本ダービーに出走する本当の裏事情や、皐月賞に出走しなかったノーザンファームの実力馬たちについても、その裏事情を把握済み。自信をもって、ファンの皆様に情報と買い目を提供できます。

 今回の日本ダービーは特別企画として、マスターズが『これしかない!』と断言する究極の馬連3点勝負を、読者の皆様へ無料で提供することになりました。この春、的中を重ねたG1レースを超える自信度での提供となりますので、ぜひ、この機会に本物の情報を知っていただきたいと思います」(マスターズ担当者)

 競馬の裏も表も知り尽くすマスターズが自信をもって提供する日本ダービーの最終結論。この馬連3点がどれほどの価値があるのか、もはや説明するまでもないだろう。競馬に絶対はない、だが限りなく絶対に近い情報はある。それを知るのは、この「マスターズ」だけだろう。

CLICK → 【無料公開! 日本ダービー究極の馬連3点勝負!】マスターズ

※=本稿はPR記事です。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

JRA 日本ダービー(G1)7,000頭の頂点、サトノレイナス大敗か!? 競馬関係者がヤバすぎる裏事情と「限りなく絶対に近い」極秘情報を暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル