25年間「新聞恐怖症」に悩まされている女性がヤバすぎる! 近づくとパニック、画面に映った新聞もNG、もしも触れたら…!?

■ダイアンさんの家族は…?

25年間「新聞恐怖症」に悩まされている女性がヤバすぎる! 近づくとパニック、画面に映った新聞もNG、もしも触れたら…!?の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

 幸い、ダイアンさんの子どもたちに「新聞恐怖症」は受け継がれなかったようで、3人の子どもは全員新聞を読むことが好きであるという。そして、母親がやって来たときは、すぐに新聞を捨ててあげるのだという。そうした周りの気遣いがあって、ダイアンさんは今まで生きてこれたのである。

 だが、家族の努力だけでなく、ダイアンさん自身も愛する家族のために努力をしていたようだ。ダイアンさんは、新聞を読む夫のために、いつも手袋やバッグで装備して新聞を受け取り、夫が新聞を読んでいる間は、別の部屋に移動して窓を開け、心を落ち着かせいたそうだ。

 ちなみに、「新聞恐怖症」の例としては、ダイアンさんのように臭いや感触が嫌という意外にも、「紙恐怖」「書籍恐怖」「吉報恐怖(いいニュースを聞くのが怖い)」といった恐怖症があるという。もはや、吉報なのか、凶報なのかよくわかりませんね。また、本屋に行くと便意をもよおす人も多いので、「新聞恐怖症」ではない人にとっても、紙や文字、インクには何か特別な作用があるのかもしれない。

 ダイアンさんのように、幼少期の記憶が原因で恐怖症が発症するケースは多いが、米国の研究チームは「親の恐怖は孫の代まで遺伝する」とも発表している。あくまでもマウスの実験結果から導き出された論文ではあるが、「父親マウスが恐怖を感じた桜の匂いを嗅いだ時、子どもマウスが強く怯えた」のだそうだ。ダイアンさんの「新聞恐怖症」を珍しい目で読んでいたあなたも、実はまだ恐怖の対象に出会っていないだけなのかもしれない……。

文=永田因

永田因の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

25年間「新聞恐怖症」に悩まされている女性がヤバすぎる! 近づくとパニック、画面に映った新聞もNG、もしも触れたら…!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル