AIドローンが「自律的に人を大量殺害していた」国連報告書で発覚! 専門家もガチ危惧、人工知能が“自ら人殺しする”時代到来!

 AIがついに人を殺したかもしれない――。戦場に送り込まれたAI(人工知能)搭載のドローンが昨年、兵士を殺害していた可能性が浮上してきたのだ。

■AI搭載ドローンの攻撃で“相当数の犠牲者”が出ていた

 入力されたターゲットの情報に基づいて目標を定めて完全に自動で攻撃を加えるAI(人工知能)搭載の軍用ドローンが昨年、人間を殺していたかもしれないというショッキングなレポートが国連から発表されて話題になっている。ついにAIが人殺しをしたかもしれないのだ。

 2021年3月に発行された国連安全保障理事会のリビア専門家パネルからの報告書によると、自律型兵器を搭載したドローンが昨年、人間の標的を追跡して追い詰め、人間の命令なしに標的を攻撃していたことが考えられるという。SF映画“ターミネーター”タイプのAI兵器が戦場で人間を殺すという戦慄の未来は、もうすでに訪れていたことになる。

“殺人ドローン”の嫌疑がかけられているのはトルコの軍事技術会社「STM」が製造したクアッドコプター「Kargu-2」である。このドローンは、2020年3月、リビア政府軍に配備され、リビア国軍の司令官ハリファ・ハフタル率いるリビア国民軍(LNA)との間の紛争で実戦に投入された。

AIドローンが「自律的に人を大量殺害していた」国連報告書で発覚! 専門家もガチ危惧、人工知能が自ら人殺しする時代到来!の画像1
「Daily Star」の記事より

 Kargu-2には爆薬が装備されており、自律的に標的に突っ込んで爆発して散弾をまき散らす。

 報告書のある一節では、人間の制御を必要としない「非常に効果的な」自律モードで動作していた Kargu-2ドローンによって国民軍がどのように追い詰められたかが詳しく説明されている。

 国民軍が首都トリポリから撤退していた時、部隊はこのドローンに追い詰められ交戦状態になった。

 しかし部隊は「この新技術の効果的な使用に対して防御する術もなければ、訓練もしていなかった」と書かれており、「退却すると、彼らは無人戦闘機や自律型致死兵器システムからの継続的な嫌がらせを受けました」と言及されている。

「自律型致死兵器システムは、オペレーターと弾薬の間のデータ接続を必要とせずに標的を攻撃するようにプログラムされていました。つまり真の“発射・忘却・発見”の能力を備えています」とレポートは述べている。

 具体的にどの戦闘で実際に死者が出たのかについての記録はないということだが、可能性としてドローンの攻撃によって“相当数の犠牲者”が出ていたことが十分に考えられるという。

AIドローンが「自律的に人を大量殺害していた」国連報告書で発覚! 専門家もガチ危惧、人工知能が自ら人殺しする時代到来!の画像2
「Daily Star」の記事より

■“時すでに遅し”なのか?

 米メリーランド州のテロ対策研究の専門家、ザック・カレンボーン氏は、ドローンが自律的に人間を攻撃したのは初めてのケースであるかもしれないと指摘する。カレンボーン氏はAIシステムが視覚データを常に正しく解釈できるとは限らないことを考えると、このドローンは深刻な脅威になり得ると懸念する。

AIドローンが「自律的に人を大量殺害していた」国連報告書で発覚! 専門家もガチ危惧、人工知能が自ら人殺しする時代到来!の画像3
「Daily Star」の記事より

 ドローンに搭載されたAIの物体認識システムはどれほどの精度なのか、また逆にどのくらいの頻度で標的を誤認するのかを精査する必要があるというのだ。

「現在の機械学習ベースのシステムでは(AIは)農民と兵士を効果的に区別できません。農民は自分たちの土地を守るためにライフルを持っているかもしれませんし、兵士は鍬(くわ)のようなもので砲塔を動かすかもしれません。車両の適切な分類でさえ困難です」(ザック・カレンボーン氏)

 そして攻撃の判断を下す人間がいないと、リスクが高すぎるとカレンボーン氏は警鐘を鳴らす。

 イギリスの防衛シンクタンク「Royal United Services Institute」のジャック・ワトリング氏は、AI兵器の規制に関しては、ドローンは“グレーゾーン”にあると科学系メディア「New Scientist」で述べている。

「これは、自律型兵器の規制が不可能であることを示しているわけではありません。しかしこの議論が引き続き緊急かつ重要であることは確かです。テクノロジーは私たちを待ってはくれません」 (ジャック・ワトリング氏)

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

AIドローンが「自律的に人を大量殺害していた」国連報告書で発覚! 専門家もガチ危惧、人工知能が“自ら人殺しする”時代到来!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル