米未解決歴史ミステリー「デンツランの埋蔵金」とは!? 伝説の“南北戦争時代の金塊”をFBIが回収して奪った可能性、極秘文書で発覚!

“埋蔵金”の都市伝説は世各地にあるが、アメリカ・ペンシルベニア州の田舎町には南北戦争時代の埋蔵金が眠っているのではないかという噂が絶えない。最近になって開示されたFBI文書で、FBIがこの埋蔵金を掘り起こして押収した可能性が指摘されることになった。


■デンツランの地に眠る南北戦争時代の“埋蔵金”

 1861~65年にかけてアメリカを二分する激しい戦いが繰り広げられた南北戦争だが、その最中に興味深いカネの動きがあったという。1863年6月にウェストバージニア州ホイーリングからペンシルベニア州フィラデルフィアへ向けて、北軍の戦費として26~52本の“金の延べ棒”が特別に組織された分遣隊によって運ばれたという。

 しかし、分遣隊の動きは何者かによって把握され、道中で待ち伏せしていた勢力の攻撃を受けて壊滅し。奪取された金塊はいったん近くの地中深くに埋められたといわれている。

米未解決歴史ミステリー「デンツランの埋蔵金」とは!? 伝説の南北戦争時代の金塊をFBIが回収して奪った可能性、極秘文書で発覚!の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 そしてこの“埋蔵金”の在り処として最も有力な候補地がペンシルベニア州中北部のエルク郡にある小さな町、デンツラン(Dents Run)だといわれ、以来、人々の注目を浴びることになったのだ。

「Finders Keepers USA」と呼ばれるアマチュアのトレジャーハンターチームの創設者、デニス・パラダ氏は1975年に「謎の見知らぬ人」から埋蔵金に関する話を聞き、その人物が描いた地図に従って探索を始めたという。その後2004年11月、パラダ氏らはデンツランで南北戦争時代の野営地を発見したと主張し、金属探知機を使った調査で、とある地点の約8フィート地中に金属が大量に埋まっていることを確認したと報告している。しかし、その現場は州立公園内にあるため、それ以上の探索は保留されている。

 噂が噂を呼ぶ“デンツランの埋蔵金”だが、最近になって開示された文書でFBIがこのデンツランの埋蔵金に関してただならぬ動きを見せていたことが判明した。なんと、FBIが少なくともこの“デンツランの埋蔵金”を実際に探していたことが文書で明らかになっているのだ。

 地元紙「The Philadelphia Inquirer」によれば、2018年以来、多くのFBI捜査官がデンツランの町を訪れているという。そしてFBIエージェントのジェイコブ・アーチャー氏はパラダ氏に接触し、埋蔵金があるとされる現場を調査していたことが最近開示された文書から明らかになっているのだ。

 そしてFBIとパラダ氏の調査の結果、埋蔵金は当初考えられていた金の延べ棒26~52本よりはるかに高額で、2億5000万ドル(約280億円)以上の価値がある9トンもの金塊である可能性があることが示唆されたのである。

米未解決歴史ミステリー「デンツランの埋蔵金」とは!? 伝説の南北戦争時代の金塊をFBIが回収して奪った可能性、極秘文書で発覚!の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

■謎が深まる“デンツランの埋蔵金”

 FBIがやや奇妙な動きに出ていたこともわかっている。2018年3月にアーチャー氏はペンシルベニア州に対して財産を差し押さえる令状を申請していたのだ。つまり、この地に眠る埋蔵金はペンシルベニア州のものではなく、当局のものであるという訴えを起こしたのである。このような訴えを起こしたということは、調査によってFBIが埋蔵金が存在することを確認したからであると考えても不自然ではないだろう。また、FBIはペンシルベニア州がこの埋蔵金の所有権を主張することを恐れていたとも考えられる。

 一方、FBIよりも先にペンシルベニア州当局がパラダ氏に接触していたことも明らかになっている。2013年8・9月にペンシルベニア州議会の匿名スタッフがパラダ氏と会い、金の延べ棒3本か、あるいは埋蔵金の10%と引き換えにデンツランでの掘削許可を取得することを申し出ていたことがわかったのだ。パラダ氏の弁護士はこのスタッフとの取引をすぐさま拒否したということだ。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

米未解決歴史ミステリー「デンツランの埋蔵金」とは!? 伝説の“南北戦争時代の金塊”をFBIが回収して奪った可能性、極秘文書で発覚!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル