ダークサイドに堕ちた「拝み屋」の実態! 呪いと祈りと悪魔…体験者が告白!

関連キーワード:

,

――巫女の家系に生まれた霊能ライター「田口ゆう」が暴露!

画像は「Getty Images」より引用


 私の元師匠は東北の拝み屋さんです。拝み屋とは、神社に所属する男女2人組が、霊障から家庭のゴタゴタまで、あらゆるよろずごとの相談に乗ったり、解決したりする霊能者です。

 私が元師匠と出会ったのは、SNSでメールをもらったことがきっかけでした。

 まだ私が霊感に目覚めて、右も左も分からず、自分の体験をブログに書いていた頃に来た、

「あなたの守護霊さんはとても優しいのですね。
私はあなたの心を守るためにこのSNSに呼ばれたのですね。
私のことはかずまと呼んでください」

 という一通のメールから彼との関係はスタートしました。

 私は当時、霊能者が集まるネット上のコミュニティを持っていたのですが、コミュニティで「皆さん、自分のお祓いはどうされていますか?」という問いをしたところ、ほとんどの霊能者が「塩を振る」「塩で清める」と回答するところ「私は水ごりですね。だけど、冬場は寒いので、一般の方にはお勧めしませんが」と「本物っぽい」回答をしてきたのが彼だった。

 私はメールでその「かずま」と名乗る人物にありとあらゆる質問をしました。なぜ、自分の頭の中に声が聞こえるのか、どうしてこんな力が存在するのか、私は精神疾患にでもなったのか、ありとあらゆることを聞きました。

 かずまは、その質問の一つ一つに納得のいく説明をしてくれました。

 私は彼のメールの言葉遣いや雰囲気から、どこかの高僧か、徳を積んだお爺さんだと思っていました。かずまは「霊能者がSNSで知り合うというのはいかにも現代らしい話ですね。きっと後ろの方たち(守護霊)も笑っていらっしゃるでしょう」というように常に敬語でメールをする人です。

 だけど、ある日、電話で話すことになり、どんな素晴らしいお爺さんが出てくるかとドキドキしていたら、「田口さんは精神的に弱すぎ! そんなことだから、変なもの(悪霊と呼ばれるもの)に憑かれやすいんだよ! まずは精神鍛錬をしろ! それからだ!」と荒い東北弁を使う、若そうなお兄ちゃんだったのです。実際、かずまは私よりも4歳若く、写真を見ると、八重歯がかわいい色白の青年でした。

「あの、かずまさん、私はあなたのことを高僧か何かだと思っていたんだけど、違うの? だって、あの文章はどう読んだって徳を積んだお爺さんって感じでしょう?!」と聞きました。

 そうすると「徳を積んだ、偉い坊さんがSNSでメールなんかするか! 俺は10代の頃から修行を積んだ拝み屋! 今は神社から独立して、フリーで呪い屋やってる。その代わり、俺が呪えば、相手は100%失脚するけど、依頼してみる?」とおどろおどろしい話をした後、豪快に笑いました。

 呪い屋って実在するの?

 拝み屋さんってもっとありがたいものじゃないの?

 と思いながらも、かずまと私は師弟関係になりました。

ダークサイドに堕ちた「拝み屋」の実態! 呪いと祈りと悪魔…体験者が告白!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル