「祖母を悲しませないため」ニセの母親を13年雇い続けた孫! 感動的「オレオレ詐欺」事例

 今、中国では“レンタル彼女”を斡旋するビジネスが流行っていると聞く。一人っ子政策のせいで男女比率が歪み(男性の方が多くなり)、彼女のできない男性が正月などで地方に帰る時、彼女のふりをしてくれる女性を雇うのだという。

 しかし今回のストーリーは、そのような短期の「レンタル彼女」ではなく、10年以上にわたる感動的「なりすましの娘」についてである。

■13年間も雇われた電話越しの“娘”

「祖母を悲しませないため」ニセの母親を13年雇い続けた孫! 感動的「オレオレ詐欺」事例の画像1
フユと娘のチェン・コンロン。母と娘はとても親密であったという「Daily Star」の記事より

「私のおばあちゃんは30歳で未亡人になり、一人でお母さんを育てました」と中国陝西省咸陽市に住むチェン・ジンさん(46歳)はチャイナ・デイリー紙に語る。そして祖母のフユさんと、その娘である(ジンさんの母)のコンロンさんは、本当に仲の良い母娘だったという。

 しかし、不幸なことに、ある日コンロンさんの肺に癌があることが判明した。コンロンさんはそのことを年老いて弱った母には知らせず、自分が死んだ後のことを考え、母親に向けた数十の音声メッセージを録音し始めた。

 コンロンさんは100歳近い母を思いやり、電話メッセージの内容も季節に合わせ、寒さについて話したり母に薬を飲むようにアドバイスしたりするなど、細かく気遣ったという。

 そしてコンロンさんは、娘のジンさんたちにそのメッセージを電話で再生して祖母のフユさんに聞かせるよう託し、69歳の時にこの世を去った。

「祖母を悲しませないため」ニセの母親を13年雇い続けた孫! 感動的「オレオレ詐欺」事例の画像2
「Daily Star」の記事より

 コンロンさんの死後、遺言通り家族は祖母のフユさんに電話メッセージを聞かせ続けた。しかし、電話メッセージの数にも限りがあり、ずっと同じメッセージを送る訳にもいかなくなり、家族はコンロンさんとやや声が似ているチェン・ウェイピンさんを“ニセの娘”として雇うことに決めた。

 ジンさんは初めてチェンさんが娘になりすまし、フユさんに電話した時のことをこう話す。

「初めの時、おばあちゃんはチェンさんにあなた誰? と尋ねました。チェンさんが娘だと言っても、おばあちゃんは信じなかったのです」(ジンさん)

 ジンさんは声が違って聞こえるのは風邪のせいだと説明し、やがてチェンさんと祖母フユさんは、家族のことを話し始め、やっと疑いは晴れたようだったという。

 その後、“ニセの娘”チェンさんはフユさんに定期的に電話をかけ続けた。電話だけで会いに来られない理由としては、心臓の手術などを言い訳にしたという。

「祖母を悲しませないため」ニセの母親を13年雇い続けた孫! 感動的「オレオレ詐欺」事例の画像3
フユさんの100歳の誕生日パーティーで。ジンさんは右から3番目 「Daily Star」の記事より

 やがて13年もの月日は流れ、フユさんは100歳の誕生日からわずか2カ月後に亡くなった。ジンさんはじめ家族は、フユさんが亡くなるまで“娘”の存在を維持できたのだった。フユさんは娘が死んだことを決して知らなかったという。

 日本では「なりすまし電話」によって、高齢者が騙されるオレオレ詐欺のような嫌な事件が相次いでいる。しかし、このような温かい「なりすまし電話」なら、騙されたフユさんもきっと許してくれるのではないだろうか。


参考:「Daily Star」、ほか

文=三橋ココ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

「祖母を悲しませないため」ニセの母親を13年雇い続けた孫! 感動的「オレオレ詐欺」事例のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング更新