臨死体験で23分間「地獄」に行った男と、天国に行った女! 不潔で臭くて汚い「あの世の空間」が存在!

関連キーワード:

,

,

,

トリシア・バーカーさん。画像は「Daily Star」より


 宇宙に行き神に出会った女性の臨死体験談を英紙「Daily Star」(7月5日付)が報じた。

 交通事故で生死の境を彷徨ったトリシア・バーカーさんは、手術中に自分の体を空中から眺めたという。曰く、その時のトリシアさんは、自身の写し鏡としての精神であり、光で満たされていたという。

「私は外科医のテーブルを見下ろしていましたが、とてもたくさんの血が出ていると思ったのを覚えています。なぜこんなに血が出ているの?」

 その時、トリシアさんが“天使”と呼ぶ、知性を持つ光が現れ、「あなたは大丈夫」だとテレパシーを送ってきたそうだ。トリシアさんは自分の意思で動く事ができ、待合室にいた両親も見たという。

 その後、トリシアさんは夜空に飛び、「神の光」とも言える意識の存在を感じたそうだ。そして、“圧倒的な愛”を体感したという。

「その愛は想像できないほど強烈で、私たちはそのようなものを感じることができず、ただその片鱗を感じているだけです」

 そして、その場には亡くなったはずの祖父が光の姿で現れたそうだ。

「死んでいたものがすべて生き返ったように感じました。私の祖父が現れたのですが、とてもきれいな顔をしていました。70代で亡くなったのですが、天国では光を放っていました」

 トリシアさんはその場を心地よく感じ、離れたくなかったそうだが、「轟くような声」により再び体の中に「放り込まれた」という。トリシアさんは、脊髄損傷と内臓損傷により重傷だったが奇跡的に回復した。今も天使の存在を信じているという。

画像は「Daily Express」より

 
一方、トリシアさんとは真逆の体験をした人物もいる。英紙「Daily Express」によると、ビル・ウィーズさんは「地獄に行って帰ってきた」というのだ。

 1998年のある夜、敬虔なクリスチャンであるウィーズさんは

、飲み物を取りに冷蔵庫に向かったところ、自分の魂が肉体から離れ、長いトンネルを通って恐ろしい地下の世界に運ばれたと主張する。

「石の壁があって、鉄格子があって、どちらかというとダンジョンのようでした。不潔で、臭くて、煙が充満していました。暑さに耐えられず、どうして自分は生きているのだろうと考えました。なぜ自分はここにいるのか、どうやってここに来たのか……」

 そこでウィーズさんは、大きな火の海、耳をつんざく悲鳴、完全な恐怖と完全な暗闇を23分間も体験したという。

 本当に天国と地獄が存在するかは分からないが、2人の話を聞く限り、できれば天国に行きたいものだ。

参考:「Daily Star」、「Daily Express」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

関連記事

    人気連載
    「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

    「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

     前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

    人気連載
    「アナタがひた隠す本性」が怖いほど当たる4択診断! Love Me Doは全部お見通し!

    「アナタがひた隠す本性」が怖いほど当たる4択診断! Love Me Doは全部お見通し!

    ■「あなたの中に隠れている“裏キャラクター”」診断 ...

    人気連載
    霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

    霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

    不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

    臨死体験で23分間「地獄」に行った男と、天国に行った女! 不潔で臭くて汚い「あの世の空間」が存在!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

    トカナ TOCANA公式チャンネル