2022年「ノストラダムスの大予言4つ」徹底解説! “闇の3日間”に人類の3分の2消滅…

関連キーワード:

,

,

――予言研究家・白神じゅりこが寄稿!


 世紀の大予言者ノストラダムスは、高い知性と優れた霊的感性で時代の遥か彼方、人類の終末までも見通していた。

 これまで、ノストラダムスが的中させた歴史的大事件は数知れない。最近では、「トランプの出現」「ノートルダム大聖堂火災」「新型コロナウイルス出現」を当てたことで話題になった。

 海外にはノストラダムスの予言を研究している研究者が多数存在しており、年末が迫った今、2022年のノストラダムスの予言をさまざまな角度で検証している。2020年から2021年にかけて新型コロナウイルスの世界的な蔓延で散々な年であったが2022年はいったいどのような年になるのであろうか?

 ノストラダムスの予言を分析したところ、2022年は「闇の3日間」が起こるらしい。72時間の暗闇の後、人類の3分の2が神に見捨てられて消滅するという。しかしその後、平和に移行するが現代的な便利な生活はもう望めないという……。

■恒例・白神じゅりこの予言解説!

 ここからは、「ノストラダムス大予言2022年」を予言研究家である筆者・白神じゅりこがを独自の視点で解説し、特に気になる予言を4つピックアップして紹介する。

1、世界全面核戦争で第三次世界大戦勃発⁉ 核ミサイルの雨で日本滅亡!

百詩篇第6巻97番

天は五百四十回も焼かれ

火は新しい街に近づき

一瞬にして炎は燃えつき

彼らがノルマンへの試練をする時に

 2022年は、火が世界中の大都市を飲み込む、つまり第三次世界大戦の火蓋を切ることになるのであろう。

 バイデン米大統領の駐留米軍の撤収強行でタリバンにアフガニスタンを制圧されてしまった。アフガン政策失敗により、アメリカに対する国際的な信頼が失墜しつつあり、バイデンが、人気回復のために何らかの戦争を企てる可能性もささやかれている。特に、緊張状態が続く中国との関係は注目せねばならない。

 米中開戦となれば、日・米・英・仏・独vs中国・ロシア・北・タリバンというようにう、やがて第三次世界大戦に発展する可能性がある。そうなれば日本は戦場となり、中国からだけでなく、ロシアからも核ミサイルが飛んでくるであろう。

 全面核戦争となれば、核の冬と放射能汚染で人類はますます減っていく。闇の支配者が目論む疫病とワクチンで人類削減計画が進む中、さらに第三次世界大戦の核戦争で人類は最終的に5億にまで減るかもしれない。

関連記事

    人気連載
    12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

    12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

    ■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

    人気連載
    「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

    「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

     前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

    人気連載
    霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

    霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

    不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

    2022年「ノストラダムスの大予言4つ」徹底解説! “闇の3日間”に人類の3分の2消滅…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

    トカナ TOCANA公式チャンネル