【未解決事件】マンホールから謎の腐乱死体…「多摩市貝取一丁目マンホール内失踪女性殺人」謎の通帳とは?

画像は「警視庁」より

 

 1997年1月14日の午前8時過ぎ、多摩市貝取1丁目の路上に設置されたマンホールから、汚水が溢れているという近隣住民からの通報が多摩市役所に寄せられた。通報を受けた市役所は、すぐに下水道業者を手配し、同業者は午前10時半頃に現場に到着したという。業者は汚水が溢れた原因を探ろうと、すぐさまマンホールの蓋を開けたものの、中からは通常の下水臭とは違う、かなり強烈な異臭がしたため、目視でマンホール内を確認。すると、マンホールの中にマネキンのようなものが見えたことから、遺体である可能性を考慮し、警察に通報した。その後、警察による現場検証で、発見されたのはワンピースとセーターを着た状態の、女性の腐乱死体であることが判明。かなり腐敗が進んでいたため、死因は不明ではあったものの、頭と鼻の骨が折れていることが確認された。なお、前述の通り、着衣は確認されたものの、発見までの間に下水によって押し流されてしまったのか、遺体現場付近では女性の靴が見つからなかったという。

 その後の捜査により、この遺体は前年の2月から1年近くもの間、行方不明となっていた保育士の女性・Yさん(当時39)であることが判明し、この事件は『多摩市貝取一丁目マンホール内失踪女性殺人・死体遺棄事件』と名づけられた。しかし、発生から四半世紀近く経過した現在も、解決には至っていない。

現在の事件現場(2019年)。画像は「Google Map」より

 なお、後に当局が発表したところによると、Yさんが目撃された最後の日である1996年の2月27日、勤務先である北区の保育園を同僚と一緒に退勤した彼女は、最寄の都営地下鉄三田線の本蓮沼駅で同僚と別れた後、電車を乗り継ぐ形で、自宅のある永山駅(京王・小田急)に向かったと推測されている。その後の足取りとしては、同駅に到着後、Yさんは自宅へと向かう途中で、市内のスーパーに立ち寄り、18時50分に買い物を済ませると、そのまま帰宅。21時頃に自宅へと訪ねてきた新聞の集金スタッフに対して普通に応対していることが判明しているという。しかし、これが最後の目撃情報であったことから、集金スタッフへの応対が終わった後で、Yさんは殺害され、遺体を発見現場であるマンホール内に遺棄されたと見られている。また、Yさんはその後、親族によって捜索願いが出されることとなったが、不思議なことに彼女の自宅からは、数年前の日記と、750万円分の預貯金が入った通帳が姿を消していたとされるが、不思議なことに預貯金については、なぜかその後も引き出されることはなかったという。

後編へ続く。

文=野島居慎太郎

●野島居慎太郎の記事一覧はコチラ

野島居慎太郎の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

ナショジオも認定!呪われた世界遺産ワット・プラシーサンペット

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

「“ナンバー2”を狙って幸せになれる人」の手相をLove Me Doが解説! 他者のサポートこそ天命!

【手相】“ナンバー2”を狙って幸せになれる人の手 ...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【未解決事件】マンホールから謎の腐乱死体…「多摩市貝取一丁目マンホール内失踪女性殺人」謎の通帳とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル