コロナ禍でわかった「首都直下地震で日本人がパニックのあまり超ヤバい暴挙に出る」可能性とは!?

コロナ禍でわかった「首都直下地震で日本人がパニックのあまり超ヤバい暴挙に出る」可能性とは!?の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 2019年に始まったコロナ禍も、ついに3年目に突入した。変異したオミクロン株拡大による第6波の懸念が高まるなど、日本でもまだまだ混乱が続きそうな様相を呈している。今では生活必需品となった感のあるマスクだが、思い返せば一時期は品不足に陥って買い占めや価格高騰が発生。このように、パンデミックや災害など日常生活が脅かされる事態ではパニックにつながりやすい。もちろん、今後予想される首都直下地震など未曽有の大災害が発生した際も、災害の被害に加えて群集心理が招く大混乱に陥りかねないだろう。そこで、今後の日本でどのようなパニックが起こり得るか、そしてパニックに巻き込まれないためにどうすれば良いかを考えたい。

■日本で本当に起きた壮絶パニック

 まず、過去に日本で起きたパニックのうち代表的なものを振り返ってみよう。

コロナ禍でわかった「首都直下地震で日本人がパニックのあまり超ヤバい暴挙に出る」可能性とは!?の画像2
画像は「Wikipedia」より引用

・ 1923年:関東大震災時に朝鮮人虐殺
 大震災発生後に「朝鮮人が井戸の水に毒を入れたらしい」などのデマが広がり、数千人とも言われる朝鮮半島や中国からの出稼ぎ労働者、地方出身者などが民衆や軍、警察によって殺害された。

・ 1973年10月中旬~:トイレットペーパー買い占め
 物価上昇、原油価格引き上げ(オイルショック)、紙の需要逼迫などによって、政府が紙使用を控えるよう国民に呼びかけたのがきっかけとなり、関西から始まったトイレットペーパー買い占めが、やがて日本中に広まった。

・ 1993年:平成の米騒動
 1991年6月のフィリピン・パナトゥボ山噴火が原因となり、1993年の日本は記録的冷夏で気温は平均より2~3度下回った。このため稲の記録的な不作が生じ、小売店から米が消え、米の買い占めが世界の米市場にまで波及した。

・ 2011年3月:東日本大震災による買い溜めパニック
 東日本大震災の発生後、被災していない地域でも日常品の買い溜めに走る人々が見られ、発生当日から首都圏のコンビニやスーパーに買い物客が殺到した。また、救援物資寄付のために人々がこぞって購入した品物が市場で不足するという事態も発生。人々の善意による品不足を招いた。

・ 2020年~:コロナ禍でマスク買い占め
 新型コロナウイルスの流行で深刻なマスク不足が発生したことは記憶に新しい。ドラッグストアの限定販売に長蛇の行列ができ、ネット上では「マスクを売っている店」の情報が飛び交った。また、その後の緊急事態宣言を前に買い溜めに走る人々もいたようだ。

■なぜパニックになるのか?

 こうして見ていくと、98年前の関東大震災の時から、日本人がパニックになりやすい集団心理は、そう大きく変わっていないのではないかと思えてくる。では、なぜ日本でパニックが起こりやすいのだろうか。まず、災害時に発生する「デマ」について考えてみる。

 関東大震災で流れたデマについて、災害時のデマに詳しい東京大学准教授・関谷直也氏は、未曽有の大震災が招いた混乱のなかで、正しい情報が不足して人々が不安を抱えた状況になり、他者のちょっとした大声などの行動によって容易にパニック状態に陥ったと考えられるという。また、当時の外国人排斥の動きが、災害後の不安、やり場のない怒りなどと結びついて殺害につながった可能性があると分析する。

コロナ禍でわかった「首都直下地震で日本人がパニックのあまり超ヤバい暴挙に出る」可能性とは!?の画像3
イメージ画像:「Getty Images」

 また、東日本大震災では、千葉県市原市の製油所が爆発した際に「有害物質の雨が降る」という噂が流れ、たちまちネット上で拡散したが、これは根拠のない情報だった。関谷氏は、このようなデマの拡散が生じたのは、得体の知れないことが起きているという不安、いつ事態が収まるのかという怒り、「少しでも人の助けになる情報を伝えよう」という善意の3つが結びついた結果だという。つまり、大正時代には無かったインターネットやSNSがあるからと言ってそれが良い効果をもたらすとは限らず、むしろより多くのデマが流れても不思議はないということだ。

 買い溜めパニックについては、どうしてそのような心理状態に陥るのだろうか。昔から人々は、災害や感染症の流行の際、日用品などの買い溜めに走っていた。米国の社会学者スメルスサーは、買い溜めパニックを「ヒステリー的信念にもとづく集合的逃走」と定義したが、通常の心理状態を逸脱した状況がもたらす発作的行動のようだ。その根底には、やはり人々の「不安」があるのだろう。

人気連載

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

 自分が雨男雨女だと思っている人などは、ことあるごとに天気運がないと感じるこ...

2022.01.22 18:00日本
なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

※ 前編はコチラ!  元コンビニバイトの筆者は、まずこのレシートの内容を見た...

2022.01.03 18:00日本
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

コロナ禍でわかった「首都直下地震で日本人がパニックのあまり超ヤバい暴挙に出る」可能性とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル