「遺伝子窃盗」が横行する時代が迫っている! ディストピアすぎる近未来の新型犯罪を解説

 セレブたちは常に「パパラッチ」による盗撮の標的に晒されてきたが、時代は盗撮だけでは済まされなくなっているようだ。なんと、今後は「遺伝子パパラッチ」による被害にも向き合う必要があるというのである。


■遺伝子パパラッチの登場が今後の新たな懸念に

 今年2月にロシアに赴いたマクロン仏大統領がプーチン露大統領と長時間に及ぶ会談を行っているが、その会談の光景はいかにもコロナ禍であることを体現するものであった。長いテーブルの両端に着いた両大統領が実に5~6mものソーシャルディスタンスを空けて対話を繰り広げていたのだ。

「遺伝子窃盗」が横行する時代が迫っている! ディストピアすぎる近未来の新型犯罪を解説の画像1
「The Conversation」の記事より

 いくらコロナ禍でもいささか大げさ過ぎやしないかと誰もが思ったが、こんなことになったのも会談の前にロシア側が要求したPCR検査をマクロン大統領が拒否したことに起因している。そして、マクロン大統領がPCRを拒否した本当の理由は、ロシア側に自分のDNAが渡ることを嫌ったのだといわれている。また、同じ時期にプーチン大統領と会談したドイツのオーラフ・ショルツ首相もロシア側のPCR検査を拒否している。

 まさにコロナ禍ならではの話題ということになりそうだが、DNAの盗難についての懸念は一部では以前からあったという。ポップスターのマドンナは、10年以上も前から不正なDNAの収集とテストの可能性について警鐘を鳴らしており、彼女はコンサートの後に楽屋を徹底的に清掃し消毒するために特別な清掃員を雇っており、しかもツアー中に使うことになるトイレには常に新品の便座を設置しているというのだ。

 より高度で、よりスピーディーで、より安価な遺伝子技術が開発された今の時代には、マドンナの懸念は広く共有され得るものになっていると言える。

「遺伝子窃盗」が横行する時代が迫っている! ディストピアすぎる近未来の新型犯罪を解説の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

 米メディア「The Conversation」の記事で、エモリー大学ロースクールのリザ・ヴェルティンスキー准教授は、遺伝学に対する一般の関心の高まりにより、DNA収集キットでセレブたちのDNAを盗み取ろうとする「遺伝子パパラッチ」の登場が今後の新たな懸念になることを指摘している。そして、不当なDNA収集についての法整備が急務であると提言しているのだ。

 個人の髪の毛、指の爪、死んだ皮膚、唾液はすべて、収集可能なDNAの痕跡であり、訪れた場所にこうしたDNAを残す可能性が常にある。

 遺伝子分析は、既存の健康状態や特定の病気を発症するリスクなどの個人情報だけでなく、祖先や将来の子どもたちの潜在的な特性など、個人のアイデンティティのコアな側面も明らかにすることができる。さらに、こうして密かに収集されたDNAが将来的に生殖細胞生物学に活用される恐れもあるのだ。つまり、自分の遺伝子が継承されている子どもが当人が知らないところで生まれるかもしれないのである。

 もちろん、個人の遺伝物質や遺伝情報を同意なしに取得することは一般的に罪と考えられるが、それにもかかわらず遺伝物質や遺伝情報を守る法律はほとんどない。ヴェルティンスキー准教授はこうした現状に警鐘を鳴らしているのである。

「遺伝子窃盗」が横行する時代が迫っている! ディストピアすぎる近未来の新型犯罪を解説の画像3
「The Conversation」の記事より

■DNA窃盗にどのような判決が下るのか

 興味深いことに、マーベルエンターテインメントの元CEOであるアイザック・パルムッター氏と彼の妻は現在、DNAを盗まれたとしてフロリダ州の裁判所での訴訟を検討していることが報じられている。

人気連載

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
ペロシ訪台の裏に反習近平派の暗躍か!? 蔡英文の黒すぎる正体、親日台湾の嘘… ジェームズ斉藤が緊急解説!

ペロシ訪台の裏に反習近平派の暗躍か!? 蔡英文の黒すぎる正体、親日台湾の嘘… ジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.03 20:30海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

「遺伝子窃盗」が横行する時代が迫っている! ディストピアすぎる近未来の新型犯罪を解説のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル