「地下世界で眠る巨人と会った」2つの驚異的実話とは? 知られざる“古代の神々”の秘密

「地下世界で眠る巨人と会った」2つの驚異的実話とは? 知られざる古代の神々の秘密の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 世界各地に伝わる巨人伝説だが、その中でも特に興味深い話が2つあるという。1つはチベットの宮殿、そしてもう1つは米ミズーリ州でのエピソードだ。

■宮殿の下の地下世界で巨人が眠っている?

 ロブサン・ランパ著の『The Third Eye(第三の眼)』(1956年刊。日本版は講談社)は、著者がチベットで体験した宗教的修練が綴られた興味深い内容になっているが、その中にはダライ・ラマの宮殿(ポタラ宮殿)の“地下ツアー”の模様も描かれている。そこでランパは、巨人を目撃したというのだ。

 チベット・ラサにあるポタラ宮殿の地下には、複雑な洞窟が網の目状に広がっているということで、ある日ランパは司祭と共に洞窟へと降りたのだった。

 暗い洞窟を進むうちに、彼らは天井が非常に高い広大な空間に入り込んだのだった。そこには湖もあり、壁には神秘的な幾何学模様や、何らかの機械の図画、不可解な言語などが描かれており、その中には巨人の姿を描いた絵もあった。

「地下世界で眠る巨人と会った」2つの驚異的実話とは? 知られざる古代の神々の秘密の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

 その後、彼らは曲がりくねった側道を通り、地下空間にある“黒い家”にやって来た。その屋内には黒曜石に似た滑らかな黒い石で作られたと思しき3つの石棺があり、その表面には奇妙な天体図のようなシンボルがびっしりと描かれていた。

 そして、これらの石棺の中に、奇妙な3体の巨人の遺体が安置されていたのだ。同行した司祭によれば、この巨人は古代の神々の遺体であるという。

「私は何度も見て、魅了され、畏敬の念を抱きました。裸で金色をした3人の巨人が私たちの前に横たわっていました。2人の男性と1人の女性です。人体のすべてのラインが金色でした。そしてなんといってもそのサイズです! 女性の身長は3メートルあり、2体の男性のより大きい方は4.5メートル以上ありました。彼らの頭は大きく、上部はやや円錐形でした。顎は細く、口は小さく、唇は薄く、鼻は長くて細く、閉じた目は横一文字で深く窪んでいました。死んでいるのではなく眠っているように見えました」(同著より)

 さらに地下世界の旅を続ける一行であったが、暗い洞窟を“ひらひらと舞う”これまで見たこともない生き物を見たり、壁のスライド式扉の奥に広がる明るく照らされた部屋にも入ったという。

 この地下世界への旅を終えたランパは「過去を見る」新しい能力を獲得したと主張し、彼が見た古代のビジョンでは、石棺で眠っていた謎めいた巨人たちは古代の地球を支配していた種族であったことが示されていた。

 はたして、ポタラ宮殿の下に巨人が眠る地下世界が広がっているのだろうか。今後科学的な調査が可能になる日がくるのか大いに気になるところだ。

「地下世界で眠る巨人と会った」2つの驚異的実話とは? 知られざる古代の神々の秘密の画像3
「Mysterious Universe」の記事より

■地下巨大空間で人間の3倍の身長の巨人の骨

 そして、もう1つの地下世界の巨人は米ミズーリ州で報告されている。

 1885年の「ニューヨーク・タイムズ」紙の記事では、ミズーリ州ランドルフ郡のモバリー近くの炭鉱作業員、デビッド・コーツとジョージ・キーティングの2人の男性が、地下110メートルの地点で古代の巨大な地下都市を発見したという驚くべきニュースが報じられている。

 2人の作業員は、坑道を掘り進めていたところ硬く分厚い溶岩層に出くわし、何とか溶岩層を突き抜けたところでアーチ型の巨大な空間に出ることになったのだ。

人気連載

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.10 17:30日本
日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

「地下世界で眠る巨人と会った」2つの驚異的実話とは? 知られざる“古代の神々”の秘密のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル