凍りつく笑顔で追いかけてくる男「グリニングマン」とは? MIBに紛れ込み… 遭遇事例6つ

 スレンダーマンやシャドーピープルに代表される謎のヒューマノイドの一群がある。その中でもアメリカ国内で少なくない目撃報告があるのが、ニヤリとした笑顔を見せる不気味なヒューマノイド「グリニングマン」だ。

■アンジーの事例

 1994年9月6日の深夜、米マサチューセッツ州レオミンスターの自宅の寝室で眠りに就いていたアンジーは、謎の存在に起こされた。

 目覚めた彼女はハットをかぶった青白く恐ろしい顔の男が威嚇するような笑みを浮かべて彼女を見つめているのに気づき凍りつく。しばらくの間、アンジーは動けなかったが、彼女がついに麻痺を克服した時、男はいなくなったのだ。

凍りつく笑顔で追いかけてくる男「グリニングマン」とは? MIBに紛れ込み… 遭遇事例6つの画像1
「Mysterious Universe」の記事より

■ジェイ・パロの事例

 ラジオ番組のパーソナリティーであるジェイ・パロは1967年5月のある日の早朝、ニューヨーク州北部の自宅の周辺を散歩していた。

 暗い路地を歩いていた彼女は、どこからともなく黒い服を着た女性が近づいてくるのに気づく。

 そして突然、黒いキャデラックがやってきて急停止し、ドアが開いた。中から出てきたのはダークグレーのスーツに身を包んだ東洋人風の男で、不敵な笑みを浮かべていたのだった。

 ニヤっと笑う男は、ジェイの手を握り「私はアポルです」と言った。ジェイによればアポルの手は冷たい死体の手のようであったという。

■クリスティンの事例

 テキサス州西部で育ったクリスティンは、幼い頃からグリニングマンを何度も目撃している。

 最初に見たのは1歳か2歳の時で、家の戸口にニヤリと笑うグリニングマンがよく立っていたのを憶えているという。

 グリニングマンは中折れ帽子を被り、茶色のレインコートと黒いズボン姿で、光沢のある靴と黒い革の手袋を着けていた。

 そしてその顔にはいつもニヤリとした笑みを浮かべていたのだが、友好的には感じられなかったということだ。

凍りつく笑顔で追いかけてくる男「グリニングマン」とは? MIBに紛れ込み… 遭遇事例6つの画像2
「Mysterious Universe」の記事より

■ウッディ・デレンバーガーの事例

 1966年11月のある夜、ウッディ・デレンバーガーはオハイオ州マリエッタの勤務先からウェストバージニア州ミネラルウェルズにある自宅に向けて車を走らせていた。

 どんより曇った空から霧雨が降りはじめ、走行中の高速道路ではウッディの車の後ろをトラックが走っていたのだが、よく見ると、驚くべきことに低空で浮いて飛行しているのだった。

 トラックだと思っていたのは、ライトがついていない木炭色のUFOで、車を停めるとUFOも止まったのだが、路面から30センチほど上空をホバリングしていたという。

 そして次の瞬間、驚いたことに機体のハッチが開き、黒い服を着て「輝く笑顔」を浮かべた男が出てきた。そのニヤニヤ笑いに、ウッディの背筋に悪寒が走ったという。


■マクスウェル一家の事例

 1987年の夏、4人家族のマクスウェル一家は1週間、サンフランシスコとその周辺で休暇を過ごし、友人たちと一緒にメンローパークに滞在して楽しい日々を過ごした。

 無事に休暇を終え、帰路は混雑を避けて夜道を車で走ることにした。

 数時間運転した後、4人家族は空に奇妙な光を見つけた。それは、ビーチボールほどの大きさの緑色の光を放つ球体で、20メートルほど上空を車の走行スピードに合わせて飛行しており、数マイルを一緒に移動したのだ。

 その間、家族は恐怖に襲われることはなくむしろ皆で驚き、興奮のひと時を体験したのだった。

 一家が帰宅した翌日は日曜日で、昼下がりに家族の10代の娘がベランダの椅子に座ってウォークマンで音楽を聴いていると、道路の反対側にいる男性の姿を認めた。

 男は白いシャツを除いて、完全なる黒装束だった。夏の晴れた日だというのに、黒い手袋さえつけていたのだ。そして男が奇妙な笑みを浮かべてこちらをじっと見つめているという事実に気づいて少女は動揺した。

 少女は恐怖に駆られて家の中に戻り、すぐに父親に報告したのだが、父親と一緒に外に出るともう男の姿はなかったという。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
運気を爆上げして「引き寄せの法則」を発動!! 激動の時代を生き抜くための波動グッズ3選

運気を爆上げして「引き寄せの法則」を発動!! 激動の時代を生き抜くための波動グッズ3選

癒しフェア 2024in大阪 広瀬学 講演 「アリス矢沢透のなんでも応援団!内...

2024.04.19 10:00スピリチュアル

凍りつく笑顔で追いかけてくる男「グリニングマン」とは? MIBに紛れ込み… 遭遇事例6つのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

UFO・宇宙人最新記事

沖縄で「超スローUFO」が撮影される!!

UFO・宇宙人

オバマと異星人にまつわる奇談

UFO・宇宙人