埋葬後に蘇った女が帰宅、対面した夫は…! 専門家が真実と認定、北アイルランド最恐&永遠の未解決事件

 心肺停止などの臨床的な死亡状態から生還する人々は少なくないが、墓に埋葬された後に復活したレアケースは“ホラー”や“都市伝説”の範疇となって語り伝えられることになる。その中でも1705年にアイルランドで起きたマージョリー・マッコールの事例は、関係者と目撃者が多い不滅の伝説だ。

■高価な金の指輪を着けたまま埋葬された女性

 1700年代、現在の北アイルランド・ラーガンにあるチャーチプレイスと呼ばれる場所に、マージョリー・マッコールという名前の女性が住んでいた。彼女は控えめな性格で、医者と結婚していたが、特に裕福ではなく質素で慎ましい生活を送っていたという。

 その人生は普通であれば簡単に忘れ去られてしまうような平凡な生涯であったが、一連の奇妙な出来事により、彼女は最も有名なアイルランドの伝説の1つとして永久に不滅の存在になったのだ。

埋葬後に蘇った女が帰宅、対面した夫は…!  専門家が真実と認定、北アイルランド最恐&永遠の未解決事件の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 1700年代のアイルランドはきわめて住みにくい場所で、全土が飢饉と疫病によって荒廃し、国民の多くは病や飢えで命を落とす恐怖の下での生活を余儀なくされていた。

 夫妻が置かれた状況も例外ではなく、ある日、マージョリーは高熱を発する病に倒れ、夫は彼女が何らかの感染症にかかっていると診断し、村の僻地に隔離したのだった。手厚い看病を受けられることなく彼女の状態は必然的に悪化し、1705年に夫に看取られながら亡くなった。

 彼女の病気が他の人に広がるのではないかと周囲が恐れたこともあり、急いで葬儀が行われ、チャーチプレイスの自宅からそう遠くないシャンキル教会墓地にすぐさま埋葬された。

 決して富裕ではなかったマージョリーだったが、生前から非常に立派で高価な金の指輪を常に着けていることで知られていた。結婚指輪ではなさそうなその指輪を彼女がいつ、どこで手に入れたのか誰も知らなかったが、その値打ちはひと目見て誰にもわかった。

 埋葬の前に指輪を外そうとする試みが行われたのだが、死後の彼女の指はひどく腫れ上がっていたので、どんなに頑張っても誰も外すことができなかった。そこで仕方なく指輪を着けたまま埋葬されたのだった。

 マージョリーが高価な指輪を着けたまま埋葬されたという情報はすぐさま地域に広がった。

 この時代にも墓荒らしはいたが、不気味なことに復活主義者と呼ばれる人々もいて、遺体を略奪して復活させる試みが一部のオカルティックな医師などの間で行われていたのだ。そして復活主義者のグループの1つが、マージョリーの遺体に目をつけたのだった。

埋葬後に蘇った女が帰宅、対面した夫は…!  専門家が真実と認定、北アイルランド最恐&永遠の未解決事件の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

■掘り起こされ帰宅したマージョリー

 マージョリーの墓の場所を突き止めた復活主義者の墓荒らしたちは、日没後にさっそく仕事に取りかかった。

 掘り起こした彼女の指には確かに金の指輪があり、月明かりで輝いていた。しかし埋葬の直前と同じく、指輪を指から取り外すことができなかった。

 そこで1人がナイフを取り出し、指輪が着いた指を切落とそうとした。指が1本なくても復活には問題ないと考えたのだ。

 指の皮膚がナイフの刃で切り裂かれると、まだ生きているように鮮血が溢れ出たのだが、なんと次の瞬間、マージョリーはあえぎ声を発して目を開け、起き上がって負傷した指を眺めたのである。

 驚いた墓荒らしたちは叫び声を上げて逃げ出したといわれているが、別の言い伝えではあまりのショックで心臓発作を起こして死亡した者がいたともいわれている。

 その後、マージョリーは悪夢から抜け出したかのように墓から這い出て、自宅に向かって町を歩き始めた。

 土まみれの頭髪で、汚れたガウンを着て歩く彼女を目撃した者は、お化けが出たと一目散に退散し、家に駆けこむと厳重にドアに鍵をかけた。

 彼女は静かな足取り動きで自宅へと向かい、遂に辿り着いた我が家では、夫と子どもたち、さらに親戚たちが卓を囲んで夕食を楽しんでいた。

 彼女はドアをノックする。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

埋葬後に蘇った女が帰宅、対面した夫は…! 専門家が真実と認定、北アイルランド最恐&永遠の未解決事件のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル