幽霊が自分の殺人事件を解決した「グリーンブライアの幽霊」とは? まさかの真犯人、紛糾する法廷…

 米・ウェストバージニア州南部にあるグリーンブライア郡では、幽霊の証言が殺人者の有罪判決を後押しした唯一の事件として「グリーンブライアの幽霊」という話が喧伝されている。不可解な死を遂げた娘の母親が、超常現象を体験したことをきっかけに、隠蔽されかけていた事件の真相が明らかに。この話は、どれほど非科学的であろうとも、我々は本質的に“幽霊”を無視することはできないということを裏付けている。以下、TOCANAの過去記事を再掲する。

※ こちらの記事は2021年8月2日の記事を再掲しています。

 殺された娘の霊が母親を衝き動かしたのか――。驚くべきことに、かつて心霊現象が法廷に影響をもたらし結審に至った殺人事件がある。

熱愛新婚カップルの妻が変死

 当然だが法廷での証言や言及には、科学的客観性が伴っていなくてはならない。もちろん発言者の信念に基づく発言は宣誓供述として受け入れられることもあるが、そこに客観的な証拠があるのか、それともないのかについては白黒はっきりつけられる。

 しかし過去、驚くべきことに殺された者の“幽霊”からのメッセージが裁判を左右した興味深いケースが残されている。いったいどういうことなのか。

 米・ウェストバージニア州南部にあるグリーンブライア郡に、ある“年の差婚”のカップルがいた。歳の離れた年長の夫は鍛冶屋のエドワード・シューで、妻はゾーナ・ヘスターであった。

幽霊が自分の殺人事件を解決した「グリーンブライアの幽霊」とは? まさかの真犯人、紛糾する法廷…の画像1
ゾーナ・ヘスター 画像は「Mysteries Universe」より引用

 ヘスターの母親メアリー・ヘスターはこの結婚には反対で、年の差についてはもちろん、シューがこれまで2回結婚していることに何か危険を感じていたのだ。しかも、シューの2人目の妻は不審な死を遂げていたのである。

 母親の反対にもかかわらず、熱愛の末に結婚した2人だが、残念ながら新婚生活はわずか3カ月しか続かなかった。

 1897年1月23日、使いの少年が用事で新婚夫妻の家を訪れた時、家には誰もいないようだった。少年は本当に誰もいないのかを確認するため声をかけながら家の中に入ってみると、階段のふもとの床の上に酷い形相のゾーナの死体を発見して驚くことになる。ゾーナの目は大きく見開かれ、恐怖の形相で天井を見上げていたのだ。

 驚いて腰を抜かした少年はすぐ家に帰り、母親にこの恐ろしい発見について話した。母親は地元の医師にこの件を伝え、夫妻の家に行くように促した。しかし、すぐには動けなかった医師が夫妻の家に着いたのは連絡があってから1時間後のことだった。

 それまでの間に、シューはゾーナの遺体を2階の寝室へと運び、ベッドに寝かせ、死因となった首の打撲傷を覆い隠すようにハイネックのドレスを着せて顔を布で覆った。

 医師が到着し遺体を検査している間、シューは悲しみに暮れてずっとすすり泣いていた。ゾーナの首の打撲傷に医師が気づき、さらに遺体を検分しようとするとシューはそれを遮り、愛する者の遺体にこれ以上手をかけてほしくないと願い出て、検査を中断させたのだった。

 医師は結局、ゾーナは妊娠に関係した何らかの症状で死亡したと診断した。その後、ゾーナの葬式が行われ、参加者の目には深いショックと悲しみに打ちひしがれている夫シューの姿が深く印象づけられた。ゾーナの遺体の首にはスカーフが巻かれていたという。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

幽霊が自分の殺人事件を解決した「グリーンブライアの幽霊」とは? まさかの真犯人、紛糾する法廷…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング17:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル