「高い馬は走らない」競馬界最大のミステリー! JRAスプリンターズステークスも高額馬不在、お手頃価格馬の下剋上で万馬券必至!

「高い馬は走らない」競馬界最大のミステリー! JRAスプリンターズステークスも高額馬不在、お手頃価格馬の下剋上で万馬券必至!の画像1
高額馬は走らないという競馬の不思議。スプリンターズステークスで狙うべきは?

秋のG1シーズンが開幕!

 世の中にはさまざまなミステリーがある。自然や芸能界、そして特殊ではあるが、競馬にも多くのミステリーがある。中でも目を引くのが「数億円で取引された高額馬は走らない」というミステリーだ。

 庶民にとって数千万円の馬でも十分に高額馬ではあるが、ここであげる高額馬は3億円以上で取引された馬を指す。日本で最もサラブレッドが高く取引されるのは、毎年夏に行われるセレクトセールなどだが、そのセレクトセールにおいて3億円以上で落札された馬は落札金額を回収できず、G1レースを勝利した馬はゼロというのが実情だ。

 本来、あらゆる価値は金額と比例するといっても過言ではない。車であったり住宅であったり。しかし競馬に限ってはそうとは限らない。名馬ディープインパクトはセレクトセールにて7000万円で落札されているが、その一方で当時の最高落札額3億3500万円のトーセンダンスは、驚くべきことに1戦して未勝利のまま引退している。

 そのミステリーは今も続き、今週末に日本中央競馬会(JRA)で行われるスプリンターズステークス(G1)も意外な状況だ。競りで2億円を超える高額馬は不在で、重賞6勝のメイケイエールは2600万円、函館スプリントステークス(G3)優勝馬キミワクイーンも2000万円、重賞2勝のモズメイメイは4600万円とお手頃価格の活躍が目立つ。とはいえ、これらの馬であっても庶民にはとても手が出るものではない。ならばここは、馬券で一攫千金を狙って留飲を下げようではないか。

 このスプリンターズステークスはグランアレグリアやロードカナロアのような絶対的な存在がいれば低配当に落ち着くが、中心馬不在の混戦模様となれば劇的に“大荒れ”のレースとなる。昨年は8番人気ジャンダルムが勝利し、2014年は13番人気スノードラゴン、2010年は10番人気ウルトラファンタジーが勝利。2006年には1番人気が勝利したにもかかわらず、3連単は263万7570円という超高額万馬券が飛び出している。つまり100円の馬券が一瞬で263万円になるようなレースが、このスプリンターズステークスなのだ。それだけ難解なレースを的中させることができれば、我々にとって思わぬ副収入になるだろう。

「高い馬は走らない」競馬界最大のミステリー! JRAスプリンターズステークスも高額馬不在、お手頃価格馬の下剋上で万馬券必至!の画像2
スプリンターズステークスは毎年のように穴馬が激走している難解なレースだ。

 だが右も左もわからない状態で、安易に万馬券を狙うことは避けた方がいい。いかにビギナーズラックがあろうと、競馬は確かな情報と正確な分析を持つものが勝利に近いからだ。しかも今年のスプリンターズステークスは近年でもまれに見る大混戦メンバー。人気も割れて万馬券は必至の状況。マスコミもどの馬を狙うべきか混乱しているように思える。

 そこで今回、業界最高レベルの情報力と分析力を持ち、数々の的中をファンに届けてきた競馬情報のプロフェッショナル集団「競馬セブン」に注目した。

 この競馬セブンは創業27年の歴史があり、総監督を務めるのがなんと元JRA騎手で元JRA競馬学校の教官を務めた徳吉一己。あの福永祐一元騎手や池添謙一騎手たちを鍛え上げた鬼教官として知られ、今もなお多くの現役ジョッキーから慕われる存在でもある。さらに元JRA調教師の小原伊佐美、嶋田潤、二本柳俊一や、元社台グループの重鎮として今も大きな影響力を持つ林勲など、まさに最強メンバーといっても過言ではない人材が揃っている。実際にその実力は結果で証明してきた。例えば今年上半期に行われたG1レースは7レースを的中させ、馬連のみの払い戻しでも83万5000円を獲得しているほど。夏競馬もおよそ40本の万馬券を的中させており、その実力と実績は文句なし。

 しかしその実力はまだまだ序の口といってもいいだろう。なぜなら競馬セブンが得意とする秋のG1シリーズが、今週末のスプリンターズステークスを皮切りにスタートするからだ。27年の歴史で数々の伝説的な的中をファンに届けてきた競馬セブンであれば、難解なスプリンターズステークスはもちろん、今後行われる秋華賞(G1)や菊花賞(G1)、イクイノックスやドウデュース、スターズオンアースといった超豪華メンバーが出走を予定している天皇賞(秋・G1)も恐れることはない

 だが、まずは今週末のスプリンターズステークスだ。競馬セブンによれば、マスコミも把握していない意外な穴馬の激走情報、そして危険な人気馬を把握しているとのこと。彼らはその情報の内容、自信度について以下のようにコメントしている。

「今年は戸崎圭太騎手が騎乗する2021年の優勝馬ピクシーナイト、高松宮記念(G1)優勝馬ナランフレグ、朝日杯フューチュリティステークス(G1)優勝馬ドルチェモアのG1馬3頭を中心に、サマースプリントシリーズ優勝のジャスパークローネ、夏競馬で活躍したナムラクレア、キミワクイーン、川田将雅騎手が手綱を取るママコチャ、トウシンマカオ、オールアットワンス。さらにセントウルステークス(G2)1着テイエムスパーダと、2着で名手横山典弘騎手のアグリ。そして3歳馬で鞍上が武豊騎手のモズメイメイ、昨年2着のウインマーベルなど多彩なメンバーが出走。

 ですが、残念ながら多くの馬は好走が期待できない状況にあります。夏を使って余力がなく万全とは言えない馬。すでにピークを超えかつての力を発揮できない馬。中山芝1200mの適性がまったくない馬。絶対的な能力の不足で上位争いが見込めない馬など。しかし、そんな内情を把握できていないマスコミは誤った情報をファンに流しており、結果として多くのファンは無駄な馬券を買うことになりかねません。

 ですが我々競馬セブンでは、絶対的な自信の本命馬を把握し、さらに激走が期待できる【隠れ穴馬】も独占的に入手しています。スプリンターズステークスは過去に何度も的中させていますが、2015年は絶対的な本命馬ストレイトガールが勝利し、【隠れ穴馬】として指定した11番人気サクラゴスペルが2着に好走。馬連5550円を的中させ、3連単は1000倍馬券の決着となりました。

「高い馬は走らない」競馬界最大のミステリー! JRAスプリンターズステークスも高額馬不在、お手頃価格馬の下剋上で万馬券必至!の画像3
2021年のスプリンターズステークスも見事的中!

 今年もそんな絶対的な本命馬と【隠れ穴馬】の組み合わせで、高配当が期待できる状況にあります。しかもマスコミにとってノーマーク的な存在であることから、場合によっては想像以上の高額馬券も期待できる状況にあるのです。それらの情報を精査した結果、このスプリンターズステークスは『馬連3点で勝負できる』という結論に至りました。

 今年前半のG1レースは馬連だけで83万5000円を獲得しましたが、この秋はジャパンカップ(G1)や有馬記念(G1)なども含め、総額100万円以上の払い戻しを目指しています。もちろん配当は出走馬に左右されますが、それでも最終的には年間200万円以上になるのではないでしょうか。非常に楽しみな秋競馬になりそうです。

 その第1弾となるスプリンターズステークスは、我々にとって特に力が入る重要なレース。レース直前まで万全の情報収集を行い、徹底的な分析で最終買い目を決定します。

 なお今回特別ではありますが、秋のG1シーズン開幕を記念し、スプリンターズステークスの勝負買い目(隠れ穴馬を含む馬連3点)を無料で公開することが決定しました。情報はレース当日(10月1日)に公開しますので、事前に入手方法をご確認いただき、週末を楽しみにお待ちください」(競馬セブン担当者)

 競馬界最高峰の情報力と分析力を持つ競馬セブンが、ここまでの自信を見せるスプリンターズステークスは、果たしてどんなレースとなるのか、どんな配当になるのか、誰もが興奮を隠しきれないだろう。スプリンターズステークスから始まる秋競馬は、一攫千金が狙える絶好の機会。そしてその一攫千金を狙うなら、競馬セブンの情報を活用するのが最適解なのは言うまでもない。まずはスプリンターズステークスの無料情報を活用し、競馬セブンの実力を確かめておこう。

CLICK→秋G1開幕!特別無料公開!【スプリンターズS「馬連3点勝負買い目(穴馬含む)」】競馬セブン

関連キーワード:, , ,

※=本稿はPR記事です。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

人魚が守る島の掟と宝【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

人魚が守る島の掟と宝【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

現役の体育教師にしてありがながら、ベーシスト、そして怪談師の一面もあわせもつ、う...

2024.07.10 20:00心霊
「三途の川を見に行く方法」対岸に立つ存在の正体とは…時を経て現れた闇の存在【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

「三途の川を見に行く方法」対岸に立つ存在の正体とは…時を経て現れた闇の存在【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

現役の体育教師にしてありがながら、ベーシスト、そして怪談師の一面もあわせもつ、う...

2024.06.26 20:00心霊
夕暮れ時の「目玉の雨」高校教師が語る戦慄の恐怖体験【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

夕暮れ時の「目玉の雨」高校教師が語る戦慄の恐怖体験【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

現役の体育教師にしてありがながら、ベーシスト、そして怪談師の一面もあわせもつ、う...

2024.06.12 20:00心霊
『7階の多目的トイレ』異世界とこの世を結ぶ何かが渦巻いているのか…【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

『7階の多目的トイレ』異世界とこの世を結ぶ何かが渦巻いているのか…【うえまつそうの連載:島流し奇譚】

現役の体育教師にしてありがながら、ベーシスト、そして怪談師の一面もあわせもつ、う...

2024.05.29 20:00心霊

「高い馬は走らない」競馬界最大のミステリー! JRAスプリンターズステークスも高額馬不在、お手頃価格馬の下剋上で万馬券必至!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング05:35更新