人々が拷問され飢えに苦しむ…北朝鮮の「地上の地獄」強制労働収容所の恐怖

 今も厚いヴェールに覆われていてその実態がよくわからない北朝鮮だが、その中でも“地上の地獄”と呼ばれ恐れられているのが強制労働収容所である。話題のドキュメンタリー映画からこの“地上の地獄”の実態が垣間見えている――。

■強制労働収容所の実態を物語る証言の数々

 北朝鮮のある男性は国を逃れようとしたが捕まり、強制労働収容所に送られた。彼は木を切り倒すために毎日山を登らなければならず、そこでは定期的に人が死んでいたのである。あるいは労働をする以前に、拷問によって命を落とす者も少なくないという。

 2023年「サンダンス映画祭」USドキュメンタリー部門で観客賞に輝いた『ビヨンド・ユートピア 脱北(Beyond Utopia: Escape from North Korea)』は、ある家族の北朝鮮から逃れる旅を追った前代未聞のドキュメンタリー映画だが、その中には北朝鮮の“地上の地獄”といわれているの強制労働収容所の実態を物語る証言も含まれている。そこはいったいどんな場所で、収容されるとどんな体験をすることになるのか。

「Daily Star」の記事より

 強制労働収容所に連行されるのはまず第一に“脱北”に失敗して捕まった者であり、その次には脱北者の家族であるといわれている。

 ある男性は9カ月間拷問を受け、体重が35kgしかなくなるまでやせ細ったと語った。国外へ逃れようとしたが敢え無く捕まり、彼は強制労働収容所に送られ、木を切り倒すために毎日山を登らなければならなくなった。

 同氏は切り倒された木の切り株が丘を転がり落ち、まだ登っている最中の収容者に襲いかかり、彼らの命を奪ったり、ひどい怪我を負わせたりもしていると語った。

「彼らの遺体の手足は折れ、(腹部の)傷口からは腸が漏れ出ていました。遺体が腐敗すると、それらは一体化しました」と彼は語った。

 脱北の失敗者や脱北者の家族だけでなく、スパイ容疑で逮捕された者も強制労働収容所へ送られたという。

 ある者は外国のスパイではないにもかかわらず、拷問によって自分が外国のスパイであることを認めるのを余儀なくされたため、強制労働収容所に送られたのだった。彼は自白の強要が知られることで拷問者たちが解雇されることを望んでいる。

「Daily Star」の記事より

■息子を捨てて脱北した両親

 作品のメインのストーリーは脱北した後に中国、ベトナム、ラオス、タイを経て最終的に韓国に逃れた家族を追った密航ドキュメンタリーである。

 この家族もそうだが、これまでの何千人もの脱北者は現地の密航業者に頼っている。この家族は中国に入ってから韓国に入国するまで50もの現地ブローカーの道案内で移動距離1万2000キロメートルにもおよぶ苦難の逃避行を成し遂げたのだ。

 24年間にわたり亡命希望者を支援してきた韓国在住のキム・ソンウン牧師は「心配するだけで精神的に疲れてしまう。旅の中で最も大変なのは、ジャングルを不法に横断しなければならないことだ」と語った。

「Daily Star」の記事より

 ある脱北者は以前、あまりにも劣悪な環境で暮らしており「拷問の被害者のように思えた」と英紙「Daily Star」に語った。

 脱北者のティモシー・チョー氏はわずか9歳のとき、両親は息子を捨てて国外に逃亡した。

 孤児となった彼は町から町へ移動して食べ物をあさり、満足に眠ることもできない暮らしを余儀なくされた。彼と他のホームレスの子供たちの一団は一緒に行動したが、状況は悲惨だった。

「駅で目が覚めたら、背中がひどくかゆみを感じました」と現在34歳のティモシー氏は語る。

「何が起こっているのか友人に尋ねると、たくさんのトコジラミが私の背中の皮膚の奥に食い込んでいて、本当にひどい状態だったと言いました。

「痛みやかゆみは忘れません。私は彼にそれらをすべて殺すように頼みました。トコジラミが皮膚の下にいるときは、針を使って突いて、これらのトコジラミをすべて殺す必要があります。私の背中は血が流れ出ていて、かなりひどい状態でした」(ティモシー氏)

 ティモシー氏は恐怖は絶え間なく続いたと付け加え、隣で寝ていた2人の子供が死亡し、翌朝彼らの遺体がゴミのように回収されたことを覚えていると語った。

“地上の地獄”から逃げ出したくなるのは当然だが、現在の北朝鮮の体制がこのままこの先も長らく続いていくのかどうか、今のところはその動向をチェックしていくほかはないのだろう。

参考:「Daily Star」ほか

関連キーワード:, , ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

人々が拷問され飢えに苦しむ…北朝鮮の「地上の地獄」強制労働収容所の恐怖のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル