「ハバナ・シンドローム」情報公開請求、国防情報局からの回答

画像は、GettyImagesより引用

 2024年2月22日、機密解除された政府文書の保管サイト「ブラック・ヴォールト」は、2021年8月25日に提出された情報公開法(FOIA) 請求に対する国防情報局(DIA)からの回答を受け取った。この要請は、2016年以来、米国の外交官や情報将校に影響を及ぼしている謎の症状「ハバナ・ シンドローム」に関連するすべての記録を求めていた。

 ハバナ・シンドロームが初めて明るみに出たのは、キューバのハバナにある米国大使館の職員が、頭痛、めまい、難聴など、原因不明の健康問題を経験したと報告したときだった。その後、 さまざまな国のアメリカ人職員から同様の事例が報告され、 音波攻撃からマイクロ波兵器まで、 原因についてさまざまな憶測を呼んでいる。

 ブラック・ヴォールトの要求は、2016年から処理日までのハバナ・シンドロームに関するDIAの報告書、メモ、評価、 情報記録を明らかにすることを目的としていた。長い遅延の後、DIAは6ページからなる1つの文書を発見した。しかし、その文書の一部は、国家安全保障、情報源と方法の保護、プライバシーの懸念に関する背景を理由に、情報公開法適用除外項目の下で非公開とされた。

 この文書が公開されたことは、大幅に冗長化されたとはいえ、ハバナ・シンドロームに関する記録が公式に認められた珍しい例である。論争と懸念の種であったハバナ・シンドロームを理解し、対処しようとする政府の努力を垣間見ることができる。

 ハバナ・シンドロームの性質と起源は、依然として論争の的となっている。外国からの敵対行為によるものだとする説がある一方で、心理的要因や環境的原因が関与している可能性を主張する人もいる。米国政府の情報公開に対する慎重な姿勢は、憶測を呼び、より透明性を求める声を高めている。

【関連記事】
https://www.theblackvault.com/ documentarchive/foia-request- sheds-light-on-dias-records- pertaining-to-havana-syndrome/

【文 ZENMAI】

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:,

文=ZENMAI(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

ZENMAI(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

「ハバナ・シンドローム」情報公開請求、国防情報局からの回答のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング17:35更新