UFO・宇宙人に殺された人々は本当にいる?専門家が死亡事例への見解を示す

 アメリカでは、不可解な死亡事例の多くがUFOと関係があるのではないかと言われており、それら事件の被害者の人々が「第三の存在」つまり宇宙人によって殺害された疑いがあるとする説が生まれている。

 その中には、UFO目撃後まもなく死亡した米空軍のパイロットや、「宇宙人から頭部に何か放射線を浴びせられた」というブラジル人男性などが含まれる。

 UFO研究家のナイジェル・ワトソンはこれらの不可解な死亡事例について、新しい雑誌「The UFO Files」の「Death By UFO」という章で取り上げている。ワトソンは長年にわたり世界中のUFO目撃例を調査し、その成果を複数の書籍に纏めている。

Created with DALL·E

致命的な遭遇

 書籍で検証されている事例の1つが、1948年に円すい形の飛行物体の捜索を命じられた米空軍のトーマス・マンテル大尉の死である。報告によれば、第二次世界大戦の英雄だったこの25歳の大尉と他の3人のパイロットが訓練飛行中、高高度を飛行する銀色の物体を捜索するよう求められた。

「金属製の物体か、あるいは金属物体から反射した太陽光らしい。とてつもない大きさだ」とマンテルはケンタッキー州フォート・ノックスの上空から無線で報告した。

 3機がその物体に向かい、高度2万2000フィートまで急上昇した。午後2時45分、マンテルが「物体を正面に視認した。自機の半分くらいのスピードで移動している」と報告。さらに30分後にも「金属製の物体か、あるいは金属製の物体からの太陽光の反射らしい。とてつもなく巨大だ。物体はさらに高度を上げて、自機と同じかそれ以上のスピードで進んでいる」と更新した。

 間もなく、他の2機は酸素不足で離脱を余儀なくされた。しかしマンテルは高度2万5000フィートへと更に上昇を続けた。そして午後5時、彼の機体の残骸がルイビル南東のシェルビー郡で発見された。

 米空軍は当初、金星を追跡していたと主張したが、後にCIAが資金を出して打ち上げたスカイフック気球を追跡していたと説明した。しかしUFO論者らは、スカイフックの説明が1960年代後半まで公表されなかったことから、マンテルは凶暴なUFOに殺害されたと今も主張している。

 

死の光線に焼かれる

 1967年8月、ブラジルのイナシオ・デ・ソウザ夫妻が帰宅する途中、洗面器を逆さにしたような物体と、肌にピッタリとフィットしたスーツを着た3人の人影を目撃した。ソウザは反射的にその1人に向けてライフルを発砲したが、効果はなかった。

 しかし、その直後、UFOから発せられた緑色の光線がソウザの頭部に命中した。ソウザは頭部と手にしびれと震えを覚え、意識を失った。医師はソウザが単に幻覚を見たにすぎないと診断したが、数日後に白血病との判明が下された。

 病状は急速に悪化し、ソウザは1967年10月11日に死去した。ワトソンは「ある UFO学者らはこの出来事とソウザの病気は単に悲惨な偶然の重なりにすぎないと考えているが、UFO論者らはUFOから発せられた緑色の光線は強力な放射線のビームだったと信じている」と記した。

Created with DALL·E

UFOがもたらした大雨

 1947年、ハロルド・A・ダールと息子のチャールズ、2人の船員がシアトルからほど近いタコマの近く、モーリー島沖のタグボートにいた時のこと。彼らは上空に6機の金と銀の球状の物体を目撃し、うち1機が揺れた後、金属の薄い板と黒い塊をまき散らし、そのうちの1つの塊が少年の腕に命中。やけどを負わせた上に、彼らの飼い犬が死んだという。

 ダールの上司フレッド・リー・クリスマンはその現場を訪れ、破片を持ち帰った。しかしダールは後に黒いセダンに乗った男に連れ去られ黙秘を強制された。あのケネス・アーノルドが「飛行物体」を目撃した数日後のことだった。

 1947年7月31日、ウィリアム・デビッドソン大尉とフランク・M・ブラウン中尉がタコマに派遣されたが、溶けた鉛の雨の証拠は見つからず、サンプルの破片は製錬所の鉱滓と考えられた。しかし帰路、2人が搭乗していたB25が墜落し死亡。この事件に関連する多くのサンプルや写真が失われた。

ワトソンは次のように述べている。

「これらの出来事は全て、軍やインテリジェンス機関による隠蔽の臭いがする。検事ジム・ガリソンがケネディ暗殺への関与が疑われるクレイ・ショーを1968年10月に裁判にかけた際、フレッド・リー・クリスマンが召喚されている。ガリソンはショーとクリスマンが古くから疑惑のあるCIA職員で、ケネディ暗殺をはじめ数々の不可解な出来事に関与していると考えていた」

「2人はカリフォルニア州ハミルトン基地に帰る途中、B25の左エンジンが故障し、ワシントン州ケルソー近くで墜落死した。その直後、地元の新聞社に匿名の電話があり、『機体は20mmの機関砲で撃墜され、UFOの残骸を積んでいた』と話した」

「アーノルドがタコマを離陸した際、エンジントラブルに見舞われ不時着した。検査したところ、燃料弁が締め切られていた。この出来事を報じたタコマ・タイムズ紙のポール・ランス記者も2週間後、急性髄膜炎で突然死した」

「こうした出来事は常識を逸脱しているように聞こえるかもしれず、多くの死因には合理的な説明がつくものの、それでもUFO関係者の間では信じられている部分がある。政府機関や”人攫い”とされる集団の関与の可能性も完全には否定できない。しかし、長期にわたりUFO研究者らを殺害し続けるのは行き過ぎであろう。彼らの信用を落とすには、そこまでする必要はなく、より手っ取り早い方法があるはずだ」

Created with DALL·E

UFOの近くで凍りついた少年

 ある冬の日、ニューヨークのUFO研究家ジェニファー・スティーブンスが2人の少年から、モホーク川の上空で「光る火球」を目撃したと連絡を受けた。少年の友人は、灌木の中に人型の白い物体らしきものを見たと言っていた。その近くで、散歩に出たという16歳の少年の遺体が発見されたのだ。

 ワトソンは次のように書いている。「検視の結果、少年の死因は凍死とされたが、スティーブンスはこの少年の死が地域のUFO活動と関係があると確信していた。少年の足跡を見ると、最初は走っていたようだが、後になって何かに引きずられたかのように見える」

 この事件後、スティーブンスの夫は、「UFOを探し求める者は慎重でなければならない」と言う男に呼び止められたという。そして、その夫が突然死去して以降スティーブンスはUFO調査から完全に足を洗ったのだ。

 UFOを巡る人々の死の裏側には、やはり闇の勢力が蠢いているのだろうか。全てを偶然で片付けるのは少し浅はかなのかもしれない。

参考:Daily Mail Online

関連キーワード:,
TOCANA編集部

TOCANA/トカナ|UFO、UMA、心霊、予言など好奇心を刺激するオカルトニュースメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web
YouTube: TOCANAチャンネル

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

UFO・宇宙人に殺された人々は本当にいる?専門家が死亡事例への見解を示すのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング05:35更新