ロックフェラーの御曹司を食べた原住民がいた!? 未解決事件の全貌とは…

 イタリアのジャンルカ・キオディーニは、世界の果てを訪れ、珍しい原住民の写真を撮影する旅行写真家である。

 今回キオディーニは、オーストラリア側に位置するニューギニアのジャングルの奥深くを訪ね、アスマット族の男性、女性、子どもたちの写真を撮影した。

 この原住民は、生贄の儀式で知られており、ニューヨーク州知事、そして米国第41代副大統領のネルソン・ロックフェラーの5番目の息子マイケルを60年前に殺害し、食人したと言われる部族だ。

イメージ画像 Created with DALL·E

■ロックフェラーの御曹司がニューギニアを探索

 民族学者のマイケル・ロックフェラーは当時23歳、この時代、アメリカで最も裕福な男性の息子であった。ハーバード大学で民族学を専攻、その過程でニューギニア・イリアンジャヤの部族に興味を持ち、特に、ダニ族と当時首狩りの風習が残っていたアスマット族の研究を行い、彼らの木彫りの美しい工芸品を収集するなどしていた。

 アマゾンとは違い、ニューギニアの土地は、天然資源の面ではあまり恵まれていなかったので、西洋の国々はニューギニアに興味を持っていなかった。

 しかし、1800年に東インド会社から島々を引き継いだオランダ人は、これらの植民地に関心を示し始めていた。ニューギニアに送り込まれたオランダ政府の冷酷なリーダー、マックス・ラプレは、アスマット族を率いる5人に銃を向け、撃ち殺した。

 この残酷な虐殺は部族民を根底から打ちのめし、烈火のような怒りを植え付けた。アスマット族は、死には死をもってあがなうべきと信じている。ゆえに、もし彼らの一人が殺された場合、彼らは精神的なバランスを保つために、復讐をしなければならないと信じていた。

■船の転覆後にたどり着いた岸で殺害か

 一方マイケルは、1961年にニューヨークで展示する珍しい品を探し、ニューギニアを探索していた。

 ジャーナリストであり、作家のカール・ホフマンは、ニューギニアでマイケルに起こったことを知っていると語る。彼は自著の『サベージ・ハーベスト』(日本語版『人喰い』亜紀書房)にそれを詳述している。

イメージ画像 Created with DALL·E

 旅行中マイケルは、南西部の海岸沿いに船を進めていたが、ある日、その船が転覆した。

 マイケルは双胴船の転覆後、16キロを泳ぎ、岸にたどり着いた。しかし、そこは白人の生贄を探すアスマット族の住む地域だった。彼はアスマット族の男の一人に槍を突き刺され、首の後ろに斧を振り下ろされ、マイケルは絶命した。そしてアスマット族は、儀式を行ったのだ。

 アスマットの首狩り儀式の書によれば、彼らは最初に敵の頭を外し、それから首から背中に切り込みを入れ、内臓は除去される。

 グループが呪文を唱えている間、生贄の足と腕は火にくべられる。焦げた身体の部分は、全員が味わえるように回される。生贄の血は、アスマット族の身体に塗られる。頭が完全に調理されると、彼らは頭皮を取り、脳を取り除き、食べる。食べられなかった部分も、全て取っておかれて、武器、もしくは宗教的な象徴として使用される。

「もしアスマット族が、マイケルを殺したなら、彼らはきっとマイケルをこう扱っただろう」と、1ヵ月もの間、通訳を介さずにアスマット族と共同生活をしたホフマンは話す。

■当時存続していた首狩り・食人の慣習

 アスマット族は何世紀にもわたって、敵の首狩りをしてきたが、それは頭蓋骨崇拝も意味していた。敵の頭蓋骨の脳を取り除き、目と鼻の部分は悪霊が体に出入りするのを防ぐために閉じる。首を切った頭蓋骨は枕にしたり、骨を椀にして使用してきたという。

 部族内には性による壁はなく、男は男ともセックスをし、妻を共有し、一夫多妻制を実践していた。彼らは時々、お互いの尿を飲み、絆を結ぶ儀式では人間の血を身体中に塗る。

 彼らは、人を殺して食べると、その人物の力を我がものにして、その人自身になると信じている。誰もが亡くなった人の名前を受け継ぐか、または殺した敵にちなんだ名が付けられているということだ。

イメージ画像 Created with DALL·E

 彼らにとってマイケルを殺すことは、オランダ人に殺された彼らの部族メンバーの“不在”を補う、彼らなりの方法だと思われる。

 彼がアスマット族に食べられたと信じられる、もう一つの理由がある。マイケルは、転覆した船から逃れた時に2つのガソリンタンクを身体に結び付けていた。もし彼が溺死しても、後から来た捜索隊によって、少なくともタンクは発見されるはずだった。

 またアスマット族の住む地域では、サメによる死亡は一度もなかったという。

 息子のマイケルが失踪すると、すぐさまロックフェラー家はニューギニアに飛び、大規模な捜索を行わせた。ジョン・F・ケネディ大統領も哀悼の意を表し、家族に支援を提供した。しかし、マイケルを発見することはできず、彼の行方は永久に不明のままとなった。

 世界で最も裕福な相続人が失踪した理由は、公式には認定されていない。しかし、彼は首狩り族によって、食べられたと多くの人々は考えている。アスマット族の首狩りの慣習は、インドネシア政府の指導により、1990年代に絶えたといわれている。

参考:「Daily Star」、「The Sun」、ほか

 

※当記事は2020年の記事を再編集して掲載しています。

TOCANA編集部

TOCANA/トカナ|UFO、UMA、心霊、予言など好奇心を刺激するオカルトニュースメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web
YouTube: TOCANAチャンネル

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

ロックフェラーの御曹司を食べた原住民がいた!? 未解決事件の全貌とは…のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング05:35更新