空から“ゼリー状の物質”が降り注ぎ、住民が次々病気に… 未解決「オークビルブロブ」事件の闇

空からゼリー状の物質が降り注ぎ、住民が次々病気に…! 未解決「オークビルブロブ」事件の闇の画像1画像は、「YouTube」より

 1994年8月7日午前3時頃、米ワシントン州オークビルで雨が降り始めた。しかし住民は、空から降ってくるのが水ではなく、今まで見たことのない奇妙なゼラチン状の物質であることに気づいた。3週間で合計6回起こったこの現象は、後に「オークビルブロブ(Oakville Blobs)」として知られることとなった。

 オークビルブロブが最初に降った日、警官のデビッド・レイシーは民間人の友人と街をパトロールしていた。デビッドがフロントガラスのワイパーを作動させると、水滴が拭われるどころかゼリー状の物質がガラス一面に広がった。安全のためにゴム手袋を着用してフロントガラスを掃除したデビッドは「まるでゼリーを手に持っているかのように、とてもどろどろしていた」と語っている。

 地元に暮らす女性ドッティ・ハーンも異常に気づいて外に出た。当初は雹ではないかと考えるも、触ると奇妙なゼラチン状の質感があった。

空からゼリー状の物質が降り注ぎ、住民が次々病気に…! 未解決「オークビルブロブ」事件の闇の画像2画像は、「YouTube」より

 その日の午後までに、デビッドとドッティ、さらに他の住民たちに呼吸困難、極端なめまい、目のかすみ、吐き気など原因不明の症状が現れはじめた。別の住民であるビバリー・ロバーツは、町の誰もがインフルエンザに似た病気にかかり、これが2~3カ月続いたと述べる。さらに、オークビルブロブに接触した数匹の猫と犬が病気になり、そのまま死亡したという。

 ドッティのケースでは、彼女が症状を自覚してから1時間後、バスルームの床に意識を失って倒れている姿で発見された。彼女の娘であるサニー・バークリフトによると、ドッティは非常に弱っており、冷たく、汗をかき、青ざめていたという。ドッティは搬送先の病院で3日間入院し、重度の内耳感染症と診断された。

 すぐにサニーは雨の異変がドッティの病気と関係があるのではないかと考え、サンプルを集めて病院に送った。検査技師がそれを調べたところ、人間の白血球が含まれていることを発見したが、なぜそれが空から降ってきたのか説明することはできなかった。サンプルは、さらなる研究のためにワシントン州保健局に送られた。微生物学者のマイク・マクダウェルは、2種類のバクテリアの存在を発見し、そのうちの1種類は人間の消化器系に生息しているものであると述べた。

空からゼリー状の物質が降り注ぎ、住民が次々病気に…! 未解決「オークビルブロブ」事件の闇の画像3画像は、「YouTube」より

 マイクの発見により、オークビルブロブが「飛行機から排出された人間の排泄物」である可能性が浮上。しかし、連邦航空局の規制により、飛行機の排泄物は青色に染色することが義務付けられており、飛行中にこの排泄物を放出することも禁じられている。オークビルブロブが排泄物である可能性はほぼ否定された。

 空の異変から約1年後、ドッティは冷凍庫に保管していたオークビルブロブのサンプルを民間の研究所に郵送した。この研究所の微生物学者であるティム・デイビスは、オークビルブロブに真核細胞があったと報告した。真核細胞はほとんどの生物に存在するため、オークビルブロブが「生きていた」可能性が示された。

 他にも、軍による爆撃演習でクラゲの群れを誤爆し、その破片が大気中に飛んで降り注いだという説もあるが、その距離、落下回数、腐臭がなかったことなどから、ほとんどの住民はこの説を否定する。空軍も1994年8月に太平洋上空で爆撃演習を行っていたことを認めているが、オークビルブロブへの関与については否定した。しかし、一部のオークビルの住民はこの発表に懐疑的だった。というのも、オークビルブロブが降り注ぐ前、多くの住民が上空でほぼ毎日、動きの遅い多数の軍用機を目撃していたからである。さらには、新しい生物兵器の実験が行われたとする説もあるが、この説を裏付ける証拠はない。

空からゼリー状の物質が降り注ぎ、住民が次々病気に…! 未解決「オークビルブロブ」事件の闇の画像5画像は、「YouTube」より

 実は、オークビルブロブと同様の現象は14世紀以降に世界各地で報告されており、「スターゼリー」「アストラルゼリー」「アストロミキシン」などと呼ばれている。スターゼリーは流星群や隕石の落下時に落ちてくるといわれるが、その性質については諸説ある。

 実際に採取されたスターゼリーの成分は、両生類、藻類、粘菌、園芸用品などに見られるポリアクリル酸ナトリウムの結晶など、さまざまである。特にカエルの卵やポリアクリル酸ナトリウムの結晶が多い一方、成分不明の事例も報告されている。2013年、イングランド・サマセットにあるハムウォール自然保護区で発見されたスターゼリーは、自然史博物館によるDNA検査でもその成分が判明しなかった。

 スターゼリーの一種とみられるオークビルブロブの正体は、今も謎に包まれている。国が秘密裏に開発した生物兵器や、宇宙から飛来した地球外生命体である可能性も否定できない以上、さらなる調査が求められる。しかし、残念なことにオークビルブロブのサンプルは既に失われてしまった。真相は永遠に闇の中である。

動画は、「YouTube」より

参考:「Unsolved Mysteries Wiki」、「Discovery Channel UK」、「BBC Science Focus Magazine」、ほか

 

※当記事は2022年の記事を再編集して掲載しています。

文=標葉実則

タヒねばいいのに → しねはみのり → 標葉実則。エログロオカルトを得意とするライター。世界中の猟奇事件、奇病、フェチ、カルト宗教、オカルト、都市伝説、陰謀論などのアングラ情報を蒐集して文章化します。
・ ツイッター @Minori_Shineha
・ 忘備録「タヒネバ」 https://tahineba.com

標葉実則の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

空から“ゼリー状の物質”が降り注ぎ、住民が次々病気に… 未解決「オークビルブロブ」事件の闇のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング更新