>  > 1月10日~13日の間に、M6以上の地震!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――30年以上にわたり、スピリチュアル・超常現象を研究する百瀬直也が、今話題の不思議ニュースを独自の目線で紹介する。

supermoon.jpg

 正月以来、地震の前兆かもしれないと思われる現象が次々と起きている。特に1月は、地震の発生と関係があると言われる「スーパームーン(月が地球に最も接近した時に、満月または新月の状態のこと)」が2回も巡ってくるだけでなく、「太陽フレア」も発生しているので、それらを紹介したい。


■1、スーパームーン

 過去、「スーパームーン」の前後に起きた地震の例を挙げてみた。

・2005年1月:2日後、1月12日大西洋沖でM6.8
 (15日前にスマトラ島沖地震M9.3が発生)

・2011年3月:5日後、3月24日ミャンマーM6.9
 (8日前に東日本震災M9.0が発生)

・2012年4月:8日前、4月28日トンガM6.6

・2014年1月:1日後、1月2日バヌアツM6.6

 スーパームーンと地震は関係が本当にあるのかはまだ明らかになっていないが、2012年12月に防災科学技術研究所(NIED)の田中佐千子研究員が、「東日本大震災は月や太陽による引力が『トリガー』となった可能性が高い」という説を発表。さらに、2004年と2007年のスマトラ島沖地震でも同様の傾向が見られたといい、「月の引力は、地震を引き起こす力の1000分の1程度しかないが、『トリガー』にはなり得る」と語っている。


■2、太陽フレア

・「バヌアツの法則」

 さて、Twitterで8,000人以上のフォロワーがいるエンジニアのBOPPO氏が提唱した「バヌアツの法則」はご存じだろうか?

 南太平洋のシェパード諸島の火山島上に位置する共和制国家であるバヌアツが揺れると、10日以内ぐらいに同じく太平洋プレート境界沿いにある日本でも地震が発生する確率が高いというものだ。

 過去に、バヌアツ⇒日本(周辺)と地震が数日以内に発生した例を挙げると、以下のようになる。

・2007/07/15バヌアツM6.3⇒7/16中越沖M6.7
・2007/08/02バヌアツM7.2⇒同日サハリン南部M6.4
・2013/04/14バヌアツM6.0⇒4/19千島列島M7.0

 そして今、このBOPPO氏が注目しているのが、「太陽フレア」の地震への影響だ。

 米航空宇宙局(NASA)は、7日に強度X1.2という最大規模の太陽フレアが発生したと発表。数日中に地球に到達し、通信や電波に障害が発生する恐れがあるという。
 
 1/8の「技術屋!BOPPOのブログ」によると、独自の方法論による「磁気嵐ロジック」による計算で、10日までにM6以上の地震が発生する確率は、30%前後だという。その後は13日頃の10%になるまで次第に下降していく。

 BOPPO氏は、現在の日本の状況について「いつM6クラスが発生しても不思議ではありません」と書いている。

関連キーワード

M6

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。