>  > 【古代エジプト】ミイラ蘇る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ミイラ

,

仲田しんじ

,

古代エジプト

 5月22日からロンドンの大英博物館で開催される特別展「Ancient Lives: New Discoveries(新たに発見された古代の生活)」で展示される8体のミイラが、ある革新的な方法で、その生前の姿や生活が明らかになっているという。それは一体どのようなものなのだろうか?

miira01.jpg
画像は、Daily Mailより

 4月10日に「DailyMail」に掲載された記事によると、研究チームはロンドン病院の最新型CTスキャナを用いて「棺を開ることなく、包帯を解くことなく、一切ダメージを与えずに」ミイラの全身を撮影。さらに、カーデザイン用のソフトウェアを駆使して画像を3Dイメージに作り変え、遺体の様子を詳細に調べあげたところ、いくつかの“新事実”が明らかになったという。

miira-04.jpg
画像は、Daily Mailより

■明らかになった、ミイラ職人の秘技とは?

 まずは、当時のミイラ職人が行っていた詳細な技法。

miira02.jpg
画像は、Daily Mailより

 イメージ解析でわかったのは、ミイラ職人が遺体のヘラのような物を使って鼻の穴から脳みそを取り出していたということだ。これは、古代エジプトのテーベで紀元前600年に葬られたと推測される男性のミイラの頭蓋骨の中から、少量の脳みそ、それと共にヘラのような器具が見つかったことで判明した。このミイラについては、「作業の終わり近くになって頭蓋骨の中でヘラが折れ、取り出しきれなかった脳みそと共に器具の破片が残されたのではないか?」と、研究チームは推測している。


■古代エジプトのセクシーシンガーの人生が明らかに!

 さらなる発見として、今回の特別展の目玉となっているのが、紀元前900年頃に葬られた「タムト(Tamut)」という名の女性のミイラだ。彼女はその棺に刻まれた象形文字から、太陽創造神「アモン・ラー」の彫像を供養する宮殿の歌姫であったとされている

miira-06.jpg
画像は、Daily Mailより

 古代エジプト社会において、歌姫は「エリート階級」に属していたといわれており、この歌姫・タムトも優雅な生活をしていたと考えられる。さらに、彼女の棺の装飾や、棺の中に収められた宝飾品類、衣服やアクセサリーなどからも判断できるように、非常に盛大な葬儀によって弔われた後に、もっとも手厚い作業でミイラ化されたとみられている。おそらく、子宝にも多く恵まれていたと思われるタムトの死亡年齢は、およそ35歳。これは当時の平均寿命だそうだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。