>  > 崩れゆく弁護士像!! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

事件

,

弁護士

,

盗撮

bengoshi.jpg

 5月1日、前法務省財産訟務管理官である近藤裕之氏が、職場の法務省の女子トイレ個室内の電気コンセントにカメラを設置・盗撮したとして、都迷惑防止条例違反で50万円の罰金刑を下された。さらに同日、法務省は彼を懲戒免職処分とした。

 近藤前管理官のエリート街道には目を見張るものがある。「フライデー」(講談社)に掲載された記事によると、東北大学法学部卒で、司法試験に合格すると、東京をはじめとする地裁などで裁判官を務める。そして、2010年から法務省に勤務。さらに、司法試験の問題作成、採点などを行う司法試験考査委員も務めていたという。そして、現在は妻とともに暮らしているという充実ぶりだ。そんな彼が、なぜ猥褻犯になってしまったのだろうか? 弁護士に聞いた。


以下、弁護士談


■犯罪を犯す法律家から推測される3つの問題点

 法律家の中にも世間一般と同様にマニアックな嗜好を持っている人もいると思います。問題は、そのマニアックな嗜好を現実世界で露見させてしまう法律家としての自覚の足りなさが一番だと思うのですが、それ以外の原因としては、

1、もともとの人格(そういう意味では、そもそも法律家になるべき人ではないと思いますが・・・)
2、パワハラによるストレス
3、過密スケジュールによるストレス

 など、多々遠因があると思います。では、これらのストレスを引き起こしている原因をお伝えしましょう。


■法曹界に蔓延する、“ボス弁”からの理不尽なパワハラ

 裁判所や検察庁にパワハラという概念があるかわかりませんが、弁護士の世界では多分にあります。小世帯の法律事務所ではボス弁が王様ですから、ボス弁の性格によっては、恫喝ともとれる教育・理不尽な要求が行われることも日常茶飯事だと聞きます。あまりの横暴さに耐えられず、事務所に入所して1か月で退職した弁護士を何人も知っています。


■弁護士費用の価格破壊

 さらに、全法律家に共通していますが、1人で抱えている案件の数が多すぎるのです。1件あたりの弁護士費用の単価が低下し、案件をこなさないと事務所を維持できない弁護士も多くなっています。弁護士といっても個人事業主にかわりはないですからね。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。