>  > ユネルタン症候群 — 四足歩行する人々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 私たち人類は、樹上性の猿が長い年月を経て進化した動物だ。

 かつて我々の両手は前足として機能しており、その用途は現在のようにバリエーションも豊富なものではなかった。地上に生活の場を移した私たちの始祖は、やがて二足歩行を覚え、いつしか前足は物を掴んだり、投げ飛ばすといった技術を可能とする器官へと進化。現在では、歩いたり、駆け回るために使われるのは下半身から伸びる一対の足だけとなっている。

 現代人に、昔のように両手を前足の代わりに使って四足歩行を行うことなど困難を極めることとなったが、それでも敢えて四足走行にこだわっている人々がいることをご存知だろうか。

kenichiito.jpg
きわめびと」公式HPより

 6月6日20時からNHK総合で放送された『きわめびと』において、現在四足走行のギネス世界記録を保持しているアスリート、いとうけんいち氏の特集が組まれた。

 いとう氏は、100メートル四足走行競技の世界記録、16秒87を有する、四足走行界のウサイン・ボルト。彼は原始的な猿の走り方を研究し、その動きをトレースすることで、世界で最も速い四足走行アスリートとなったという。

いとう氏の走り「The Fastest 100m on All Fours! 

 そもそも二足歩行に適した体に進化してしまった私たちにとっては、四足走行どころか歩行すら困難。しかし、いとう氏はまるで野生動物のように身軽に独特の姿勢で走り回ることが可能となったのだ。

 まさに彼こそ「きわめびと」の一つの最終形態と言ってもいいだろう。

 しかし世の中は広いもので、海外には競技のためでもなく、まるで先祖返りしたかのように、四足歩行で日常生活を送る人々が存在している。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。