>  > 狼男の苦悩に心が痛くなる!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 7月4日付けの「Mirror」で紹介されているビデオ、『チュイ:狼男(Chuy, The Wolf Man)』は、メキシコで「狼男」として知られるヘスス・アセベスさんの苦悩を伝えるものだ。インターネットで、私たちは変わった病気に罹り、奇異な容姿になってしまった人々の写真をよく見かける。しかし筆者は、容姿の奇異さについ目を奪われ、その人の内面に思いを馳せる事は少なかった。今、このビデオを見てアチャベスさんの通ってきた道を考えさせられた。


■好奇の目に晒される先天性多毛症患者

wolfman1.JPG
先天性多毛症のヘスス・アセベスさん 「Mirror」の記事より

 ヘスス・アセベスさんは、家族からはチュイと呼ばれる30代の男性だ。彼の身体と顔には、異常なほど多くの体毛が生えている。それはまるでオオカミ男のようだ。彼の病名は先天性多毛症で子供時代から「小オオカミ」と呼ばれてきたと言う。彼が街を歩くと今でも嘲られたり、人々の好奇心剥き出しの視線にさらされる。このビデオは映画製作者のエバ・アリジス氏によって撮影され、ヘススさんの日常生活を描いたものだ。映像の中で彼は動物園に行き、狼と彼自身の類似点を考えふける。そしてヘススさんは、オオカミと自分は外見も似ているが、互いに囚われの身である点が似ていると結論付ける。これは非常に心が痛くなるシーンだ。

 それに続く地下鉄のシーンも同様だ。彼が地下鉄に乗ると人々は彼を凝視し、残酷なヤジを飛ばす。ヘススさんはこう言う「私は目立たず静かに過ごしたい。しかし一人ぼっちは嫌だ」。この短編ドキュメンタリー『チュイ:狼男』を撮ったアリジス氏は、映画製作者としてヘススさんの様な人々の声を拾い上げていきたいと語る。


■研究が進まぬ謎の症状

wolfman2.JPG
ユー・ジェンホワンさん 「China Daily」の記事より

 先天性多毛症、又、狼男症候群とも呼ばれるこの病気は、現在まで世界で正式には50例ほどしか確認されていない。

 その中で、ヘススさんの家系には30例も発症しており、最近では6カ月の甥デリアンちゃんが同じ病気だと診断された。この病気は遺伝の突然変異によって引き起こされると言われているが、まだ実際の原因は知られていない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。