>  > 韓国ビールは日本がルーツなのにまずい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ルーツ

,

平田宏利

,

日本

,

韓国ビール

re-419zlW+NVHL.jpg
画像は、『韓国CASSビ-ル 330ml』(OB社)

 3日、韓国の大手酒造メーカーであるハイト真露の社員が、ライバル会社のビールを中傷する「風説の流布」を行った疑いで家宅捜索を受けた。

 ハイト真露は、焼酎のJINROで知られる、日本でもお馴染みの酒類メーカーで、ビール飲料としてハイトビールの生産を手がけている。

 ハイトビールとシェアを分け合うのが、OBビールが手がける主力商品「CASS(カス)ビール」。韓国の2大ビールメーカーである2社は、シェア1番のOBビールをハイト真露が追う形だった。

 6月に、CASSビールの生産過程において、人体への害はないものの成分の変化で異臭が起こるトラブルが発生。この事態を利用し、ハイト真露の社員がモバイルメッセンジャーで、CASSビールを中傷するメッセージを投稿したようだ。ハイト真露側は、社員が個人的に関わったことであり会社ぐるみではないとしている。

 しかし、CASSやハイトと言われても、どちらも日本ではあまり聞かない。中国の青島(チンタオ)ビールや、タイのシンハービールなどは目にする機会は多いが、韓国ビールの存在感はまったくといっていいほどない。

「韓国ビールは日本人の味覚からすると、水っぽい、コクがないといった印象を持つ。はっきり言ってマズイいんです。正確な量はわかりませんが、使われている麦芽の量も日本のビールより少ないようです。言うなれば韓国のビールは、日本の発泡酒に相当します」(旅行ライター)

 歴史をひもとけば、2つのメーカーは、戦後、日本が韓国に設立したビール会社がもとになっている。OBビールは麒麟麦酒(現在のキリン)、ハイト真露は大日本麦酒(現在のサッポロ)にルーツがある。ならば、それほどクオリティが低いというわけではなさそうでもある。

韓国CASSビ-ル 330ml■韓国食品■0114

韓国CASSビ-ル 330ml■韓国食品■0114

外国のビールの味にはどれも違和感がある

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。