• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
Telomere.png
画像は、テロメア

 2009年、ノーベル医学生理学賞したのは、「寿命の鍵を握るテロメアテロメラーゼ酵素の仕組み」についての研究だった。テロメアは「TTAGGG」という塩基配列の繰り返しから成り立っていて、これが長いほどヒトも長寿になる。しかし残念なことに、テロメアは年齢を重ねるほどに短くなってしまう宿命にあるのだ。

 テロメアとは、染色体の先端に存在するキャップのようなもの。螺旋状になっている大切な遺伝子情報を保護する役目がある。人体にある数十兆の細胞は、絶えず分裂活動をすることで人間の生命を維持している。が、細胞が分裂する際、テロメアも短くなってしまう。その結果、身体に老化現象が起こってくるというわけだ。

 さて、ここまでならなんとなく知られている。しかし、テロメアの話はまだその先がある。

andrews.jpg
アンドリュース博士

 通常、人体にあるテロメアは短くなる。ただし、幹細胞、生殖細胞、ガン細胞の3つにあるテロメアは短くならない。それは、テロメラーゼという酵素が働くからだ。

 このヒトテロメラーゼを最初に発見したのが、ウィリアム・アンドリュース博士である。しかも、2015年1月に初来日、しかも、関係者を集めて記者発表をするということで、早速行ってきた。


■世界初のテロメラーゼ酵素配合化粧品が発売間近!

 アンドリュース博士は、科学界では「不老不死」の研究者としてよく知られているらしい。その証拠に2014年には博士を取り上げた『The Immortalists』というドキュメンタリー映画まで作られ、数々の映画賞を受賞していた(日本未公開)。

映画『The Immortalists』トレーラー

コメント

4:匿名2015年3月14日 13:57 | 返信

画像を見ると、嘘っぽさ全開
説明不足だね

3:匿名2015年2月11日 04:02 | 返信

このメーカーが公表してる使用前使用後の写真は
ことごとく光のトリックや表情のトリックを使って違いを演出しているので
まず詐欺でしょうね
真面目な研究の比較写真だったら前後で全く同じ条件で撮影するはずですから

2:匿名2015年2月 1日 03:17 | 返信

ほんとかよおおめっちゃ欲しいけども
ねー

1:匿名2015年1月26日 20:31 | 返信

ほしい…!だが、怪しい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。