>  >  > TV関係者が語った、鹿児島・“死の儀式”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
Shimokoshiki.jpg

 まるで海外のゴシックホラー映画のような神秘的な儀式が、我が国でも行われていた地域があるという。それは鹿児島県の離島、S島だ。筆者の知人であり、鹿児島市に住むTVディレクター・K氏は、S島に暮らす「クロ宗」と呼ばれる集団の間で伝えられてきた儀式の実態を追ってきた人物だ。

K氏 「『クロ宗』という集団は、隠れキリシタンの末裔です。『クロ』とは、クロス(十字架)が語源とされています。今から350年以上昔、江戸幕府から迫害されたキリスト教徒たちは、『島原の乱』に敗れました。そして彼らの一部は、幕府からの厳しい弾圧を逃れるため、S島に流れ着いたのです。離島ですから、幕府もそこまでは追って来ないわけです」

 安住の地を見つけた隠れキリシタンたちが、世間から孤立して暮らすうちに、キリスト教本来の教えとは異なる独自の信仰を実践する集団へと変貌を遂げたようだ。

K氏 「『クロ宗』は、外部との接触を完全に拒んだ秘密結社のような集団になったようです」
「彼らが暮らす地域は、全部で20戸ほどの小集落に過ぎません。にもかかわらず、それぞれの家が3mものブロック塀で囲まれており、実に異様で神秘的な雰囲気を醸し出しています」
「『クロ宗』信者には、様々な不思議な習わしがあったようですが、その中でも特にオカルティックなものが『死の儀式』です」

 この「死の儀式」、まさしくホラー映画のような様相であるという。

K氏 「信者が生命の危機に瀕した際、『サカヤ』と呼ばれる司祭のもとへと運ばれ、まだ息があるにもかかわらず、生き血を抜き、胆嚢を摘出したそうです。そして、“魂”を取り込むため、それらを口にしたといいます。実際、サカヤの家から出てくる遺体は、白い布でグルグル巻きにされて、その布に血が滲んでいた、という目撃者が何人もいます」

 ただしK氏は、最後に次のように付け加えた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。