>  >  > モアイ像には巨大な胴体があった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
RapaNui.jpg
画像は「The Daily Mirror」より引用

 南米・チリの西方沖3,200kmに位置する「イースター島(ラパ・ヌイ)」。この絶海の孤島には、887体の巨石像「モアイ」が残されている。しかし、いつ・誰が・何のために・どのようにモアイ像を作ったのか、確たる証拠は未だに存在せず、世界7不思議のひとつとして現在も諸説入り乱れている状況だ。

 さて、モアイと聞いて多くの人は、海に背を向けるように整然と並んだ上半身の姿を思い浮かべるのではないだろうか。しかし、それらは1956年以降に復元されたものであり、実際は1840年頃までにすべてが倒されてしまったのだという。現在も、ほとんどのモアイは横に倒れたり、胸や首の位置まで埋もれた状態で放置されているのだ。

RapaNui_2.jpg
画像は「Easter Island Statue Project」より引用

 ところが近年、このモアイに係る衝撃的な新事実が発見されたことをご存知だろうか? なんと、胸や首の位置まで土で覆われているモアイの一部には、地中に巨大な胴体が隠れているものがあるというのだ。

 この事実が初めて明らかになったのは、米国人のジョー・アン・ ヴァン・ティルバーグ博士率いる「Easter Island Statue Project(EISP、イースター島モアイ像プロジェクト)」が、2011年末から2012年にかけて実施した第5次調査の時のことだ。

 調査団は、巨大な胴体を持つモアイを発見するとともに、その背中には不思議なペトログリフ(文字や意匠など)が刻まれていることに気づいた。まるで“タトゥー”のようなペトログリフは、その模様から「輪と帯」と呼ばれることとなったが、博士によると「太陽と虹」を意味しているのではないかと考えられるという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。