>  >  > 伝説の投資家「第3次世界対戦が起きる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 中国・上海株式市場の暴落に端を発した世界同時株安が進行している。中国経済の先行き不安により下落した上海市場は、先月19日より下落幅を一層広め、24日にはストップ安の銘柄が続出する事態となった。これに各国の市場も影響を受け、8月11日~25日にかけて日経平均株価は歴史的な数値となる3000円値幅の下落を記録した。

 現在の中国はGDP成長率が大幅に低下し、不動産価格も頭打ちとなり、企業の倒産も相次ぐバブル崩壊状態にある。そして窮地に陥った中国政府が8月に入ってから人民元を4.5%と大幅に切り下げたため、株式市場は大混乱となったのである。

Soros.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 実は中国のバブル崩壊と世界同時株安を予言していた人物がいる。資産家のジョージ・ソロスだ。この人物は、ブダペスト生まれのハンガリー系およびユダヤ系アメリカ人投資家であり、哲学者、慈善家、(自由主義的な)政治運動家としての顔も持つ。そして自身を「国境なき政治家」と称している。彼は1960年代にファンドを立ち上げ、2010年時点の運用資産は270億ドルにのぼるという。

 ソロスが中国株に見切りをつけたのは、2015年5月19日の世界銀行ブレトンウッズ会議でのことだ。その席上で、ソロスは次のような恐るべき予言を残したのだ。

「中国経済が衰退期に入れば、第3次世界大戦が起きる可能性もある」

 そして彼は、自身の所有するアリババやバイドゥなど中国企業の株を次々と売ったのだ。これまでのところ、世界の株価動向を見る限り、このソロスの予言は現実のものとなりつつあるように感じられる。では、世界同時株安が第3次世界大戦の勃発へとつながる可能性が本当に考えられるのだろうか? ソロスは次のように語っている。

コメント

1:匿名2015年9月 4日 12:51 | 返信

「現実」にしないためには、その「準備」を整えないようにすることですよね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。