>  > 一組の夫婦以外誰もいない村 ー 静寂の中で45年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 21世紀を迎えて15年たった今日、私たちの生活は常に目まぐるしく変化している。暮らしを便利にする製品があふれ「不自由」という言葉を忘れてしまいそうになる。そんな私たちとはまったく違う日常を送る夫妻について、10月22日付の「Oddity Central」が報じている。


■村が廃れて行く…住民と村を襲った悲劇!!

 マーティン・コロマーさんと、シンフォローサさんのコロマー夫妻は、スペインの首都マドリードから約2時間程の距離にあるトレド県ラ・エストレージャ村に45年間、最後の住民として暮らしてきた。夫妻のほかにこの村で生きているのは3匹の犬と5羽の鶏と25匹の猫だ。最寄の町までは最低でも25kmもあるというのだから便利とは言い難い環境だろう。

abandonedvillagelife1.JPG
山間にひっそりと佇むラ・エストレージャ村 画像は「YouTube」より

 他の人間との接触を絶ち、まるで地上に残された最後の人類のような夫妻の生活。彼らはなぜ、このような人生を選び、どうして村から人々が消えたのだろうか?

 現在は静かなラ・エストレージャ村も以前は多くの住民で賑わい、教会や2つの学校、そして何軒かのバーやレストランなども存在していた。しかし複数の情報によると、1883年に村を襲った激しい嵐のため村の総人口の約半分が亡くなり、多くの家屋が全壊。亡くなった住民のために慰霊碑が建てられ、被害を受けずに残ったのは村の広場と教会、そして牧師用の官舎だけだったそうだ。以後、住民たちは家を捨て、村は衰退の一途を辿る

 さらに1936年から3年に渡って続いた内戦により、残りの住民たちも仕事と食料を求めて村を去ってしまったのだ。マーティンさんは「一時は15万を超える人が住んでいました。その中には教師、市長、警察や葬儀屋、司教と様々な専門の職人たちもいたのですが1~2年のうちにほとんどの人が村を去ってしまいました」と言う。

abandonedvillagelife2.JPG
静かに佇むマーティンさん。何を思っているのだろうか 画像は「YouTube」より

コメント

3:匿名2016年5月13日 04:34 | 返信

https://actualidad.rt.com/sociedad/189716-guardianes-estrella-ancianos-unicos-residentes

元記事 こちらンアんですが 場所は トレド県ではなく テルエルです。
で に軒しかないダンスホールで知り合ったのです。
15万人住んでいたといのも 英語の方の翻訳ミスですね。
そんな大都市なわけがない。

2:匿名2015年12月10日 15:10 | 返信

素敵な生活だわ。でもよいところばかり見てるから言えることでもある。実際暮らせばこの社会に適応し過ぎて今更ヒッピーにはなれないでしょ。

1:匿名2015年11月25日 13:43 | 返信

インターネットさえあればこの環境は天国

この人は自宅の部屋から出なかったら良いだけなんじゃないですかね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。