>  > タイの幸福人形「ルクテープ」に隠された秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

タイ

,

ルクテープ

,

仏教

,

宝くじ

,

百瀬直也

,

精霊

,

「ルクテープ」――それは、いまタイで爆発的に広まりつつある人形だ。大切に所有し、人間同様に扱うことによって幸運がもたらされると信じられている。タイ語で「子どもの天使」を意味するその名の通り、この人形には子どもの魂が宿るとされ、本物の赤ちゃん用の服を着せたり、食事を与えたりと、家族同然に扱われる。しかも、実際にルクテープを持つことによって成功したという芸能人や、宝くじが当たったという人が続々と現れはじめている。今回は、この謎に満ちたルクテープ現象にまつわる数々のエピソードを紹介しよう。

LukThep_2.jpg
ルクテープ人形

■ルクテープ人形とは?

 ルクテープは、さまざまな容貌のものが販売されているが、大きさは生後数カ月の赤ちゃんくらいで、いかにもタイ人的な顔立ちをしているものが多い。価格は日本円にして4,000~80,000円と、種類によって幅広い。

LukThep_3.jpg
ルクテープ人形

 ルクテープの購入後は、仏教の僧侶に祈祷を依頼する人が多いが、この手順を踏むことによって人形に魂が宿るという。高名な僧侶に祈祷してもらい、ルクテープの背中に魔除けの呪文を書いてもらう状況を紹介する動画も数多く公開されている。ただし現地では、仏教の僧侶がこのような民間信仰的・呪術的現象に加担していることを好ましく思わない人々も少なくないようだ。

 いずれにしても、ルクテープには本物の子どもの魂が宿るとされるため、決して粗末に扱ってはいけない。たとえば飛行機に搭乗する際も、荷物と一緒に預けたりすることは厳禁で、持ち主と一緒に座席につくことになる。


■世界からも注目されるルクテープ

 今年に入り、とあるニュースがきっかけとなって、このルクテープが世界的に知られるようになった。1月27日、タイ民間航空局が「ルクテープを人間とみなすことはできず、離着陸時は座席の下か頭上の棚に収納するように」と異例の警告を出したのだ。

LukThep_5.jpg
ルクテープを愛する芸能人・DJボッコ
画像は「YouTube」より引用

 すると、タイの各航空会社にはルクテープを持つ乗客たちからの不満の声が殺到し、さまざまな施策を講じる必要に迫られた。特にタイ・スマイル航空では、乗客が持ち込んだルクテープ人形のために、なんと1人分の座席を確保してシートベルトや軽食まで提供するというサービスを開始した。さらに、子どもの乗客に準じて、非常口近くの座席には座らせないことも決定。流石にやり過ぎの感もあるが、ルクテープの持ち主にとっては大真面目な話なのだろう。

 また、ルクテープは別の面でも問題を引き起こしている。1月25日、チェンマイ国際空港の駐車場にルクテープが入った黒いキャリーバッグが放置されていたが、人形の内部を調べたところ、覚せい剤200錠が見つかったという。さらに、中国からルクテープを模した人形が密輸入されるケースもあるという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。